本桐駅

日高本線の駅、本桐の改札画像です。

駅名標
駅舎。茶色いトタン屋根が特徴の、開業当時から残ると思われる駅舎となっている。
無人駅となっており改札口は存在しない。ホームへ向かう扉には「たっくん」と落書きがなされているが、誰のことかは不明である。
駅舎内は広々とした待合室となっている。
かつては当駅にも窓口や荷物取扱所があったようであるが、現在はその痕跡と思われるものは見られない。
ホームへは構内踏切を渡る必要があるが、5年以上運休が続き、廃止・バス転換が決まった現在では、この踏切が鳴ることも、列車が通ることも、乗客が通ることも、二度とない。
ホームは島式1面2線で行き違い可能。当駅が最も様似側の交換可能駅である。当駅ー様似間には交換可能駅がないため、この区間には列車は1本しか入れない。しかし、現在では当駅以南はおろか、鵡川以南に1本も列車は入ってくることはない。

—————————————
所在地:北海道日高郡新ひだか町
乗入路線
日高本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください