日詰駅

東北本線の駅、日詰の改札画像です。

吊下式駅名標。通常のものと比べると縦に長く、上下に余白が大きく空いている。
自立式駅名標。経年劣化により文字が見難くなっている。
壁掛け型の駅名標。ひらがな表記主体の旧デザインとなっている。
当駅には白地・黒文字タイプのホーロー製縦型駅名標が設置されている。
また、行灯タイプの三角縦型駅名標も設置されている。
駅舎。三角屋根が特徴的な、洋風っぽいデザインの駅舎となっている。
駅舎に掲げられた1種駅名標は国鉄時代からのものと思われる立体文字となっている。
改札口。有人駅となっており、係員による集改札が行われる。窓口を封鎖した痕跡が確認できる。
きっぷ売り場の様子。窓口が封鎖された現在、乗車券は自動券売機でのみ購入できる。
駅舎内部は待合スペースとなっている。
ホームは2面3線となっている。中線は当駅折り返し列車などが主に使用する。
当駅の跨線橋はレトロ感ある造りとなっている。
跨線橋外壁には鳥のイラストが描かれており、地元・紫波町の鳥であるツバメを描いたものであると思われる。
跨線橋内部の様子。木造の趣ある雰囲気が漂う。
当駅には看板マニア必見のもじ鉄案件が複数存在する。駅舎のホーム側には国鉄時代からのものと思われる駅名表記が残る。
当駅の便所入口付近には…
国鉄時代からのものと思われる「手洗所」看板がある。
1番線に設置の番線標。国鉄時代からのものと思われる行灯タイプとなっている。
2番線の番線標
3番線の番線標

—————————————
所在地:岩手県紫波郡紫波町
乗入路線
東北本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください