肥前鹿島駅

長崎本線の駅、肥前鹿島の改札画像です。

駅名標。JR九州デザインの手書きタイプであり、伏見・笠間と並ぶ日本三大稲荷の1つであり、鹿島市が誇る観光名所・祐徳稲荷神社のイラスト入りである。当駅を含む肥前飯田ー肥前山口間は「肥前」のつく駅が7駅連続しており、旧国名では全国で一番長い。
駅舎。鉄筋コンクリート造りの、歴史を感じさせる雰囲気の漂う地平駅舎である。
駅舎全体を写した様子。当駅の駅舎は横に長くなっている。
駅舎に掲げられた1種駅名標は国鉄時代より残るものと推測される。
駅舎内には鹿島市観光案内所が入居しており、駅舎には「鹿島市観光案内所」のエモい表記がある。
改札口。特急かもめも停車する当駅は有人駅となっている。
当駅にはみどりの窓口が設けられている。
きっぷ売り場の様子。前述の通り、みどりの窓口があるほか、自動券売機も設置されている。
駅舎内部には待合室も設けられている。
また、改札を入ってすぐの箇所にも待合スペースがある。
改札からホームへは長い通路を通って連絡する。
同じ箇所からホーム側を望む。地味に通路が長いので、乗り遅れに注意。
駅舎とホームを結ぶ通路をホーム側から望む。通路には階段のほか、エレベーターも完備されている。
ホームは島式1面2線となっており、列車の行き違いが可能となっている。ホームの柱は、祐徳稲荷神社をイメージしてか、朱色に塗られている。
ホームに設置されたのりば案内はほかではあまり見かけない独特のものとなっている。

—————————————
所在地:佐賀県鹿島市
乗入路線
長崎本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください