日登駅

木次線の駅、日登の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。
国鉄時代に設置されたと思われる木製手書きの駅名標が残る。なお、同タイプの木製手書き駅名標は木次線内の他駅でも設置例が見られる。
木次線の駅には古事記や日本書紀にちなむ愛称が付けられており、当駅は「素戔嗚尊」である。
駅舎。開業当時からのものと思われる木造駅舎が残っている。駅前にはヤシの木が1本立っている。
駅舎内部。有人窓口が設けられており、一部時間帯にのみ乗車券類の購入が可能である。
駅舎内部は待合室になっており、壁には写真が展示されている。
当駅には「日登駅小いさな展示場」があり、木次線内で使われていた鉄道用品が展示されている。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
ホーム側にも待合スペースが設けられている。
駅員詰所の窓が突き出た部分の上は物置となっているが、取材時はここに国鉄時代のものと思われる看板が置かれていた。

—————————————————
所在地:島根県雲南市
乗入路線
木次線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください