東鹿越駅

根室本線の駅、東鹿越の改札画像です。

駅名標。2016年夏の豪雨災害により当駅ー新得間の線路が被害を受けたため、根室本線は当駅ー新得間が不通となり、バスでの代行輸送を行っている。現在、富良野ー当駅間は列車の運転を行っており、当駅は列車と代行バスの乗継駅となっている。
当駅ホーム上の名所案内は国鉄時代から残るものと思われる。
当駅にもホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。緑色のトタン屋根が特徴的な木造駅舎である。当初、当駅は利用者が少ないため、2017年に島ノ下駅と同時に廃止される予定であった。しかし、前述の2016年夏の豪雨災害により、当駅は暫定的な終着駅となったため存続となっている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
かつての窓口跡は封鎖されており、窓口跡付近には本や駅ノートが置かれている。
駅舎内部の待合スペース。ベンチは4脚のみ設置されている。
駅舎からホームへは構内踏切を渡って移動する。
ホームから見た駅舎の様子。ホーロー駅名標が駅舎にたくさん貼られていることがわかる。
駅舎のホーム側出入口付近には「ひがししかごえ」と緑色の文字で書かれている。
ホームは島式1面2線で行き違い可能。しかし、当駅ー新得間が不通のため、現在は専ら折返しを行うのみで交換は行われていない。ホーム上にある岩は石灰石であるようである。また、かつては貨物列車が発着していたようで、駅構内は比較的広くなっている。

—————————————
所在地:北海道空知郡南富良野町
乗入路線
根室本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください