東萩駅

萩市の中心駅、東萩の改札画像です。

駅名標。当駅は長州藩の拠点であった萩城下町を擁する萩市の中心駅である。観光列車「〇〇のはなし」号は当駅が始発・終着となり、山陰線の益田ー下関間で運行される唯一の優等列車である。
光らないタイプの駅名標も設置されている。当駅ー玉江駅間では、山陰線は萩市街地を取り囲むように走行する。
2015年に撮影した電照式駅名標。現在は光らないタイプの駅名標に交換されている。
駅舎。鉄筋コンクリート造りの駅舎となっている。TWILIGHT EXPRESS 瑞風の運行開始に伴い、近年外装が城下町風のなまこ壁に改装された。
2015年に撮影した改装前の駅舎。現在と同じ駅舎だが、なまこ壁の装飾がなされていないことがわかる。
駅舎に取り付けられた1種駅名標からはそこはかとなく国鉄の趣が感じられる。
改札口。当駅は有人駅となっており、係員による集改札が行われる。ただし、係員不在の時間帯は無人駅同様の扱いとなる。
当駅にはみどりの窓口があるほか、自動券売機が設置されている。
2015年に撮影した改札口周辺の様子。駅舎内の改装に伴い、改札ラッチの塗装、接近表示器の交換、みどりの窓口看板の撤去がなされたことがわかる。
駅舎内部は広々とした待合室となっている。
駅舎内部は広々とした待合室となっている。
当駅は萩城下町の最寄駅であることから、TWILIGHT EXPRESS 瑞風号の停車駅となっている。そのため、駅構内には瑞風専用のゲートが設けられている。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。
当駅の跨線橋は木造の趣ある造りとなっている。
当駅2番・3番のりばの待合室には、城下町らしくなまこ壁をモチーフとした装飾が施されている。なお、なまこ壁の模様は萩市の市章にもなっている。
当駅ホーム付近には「ようこそ萩へ!」と書かれた地元児童手書きのイラストが貼られている。
当駅駅前には萩城の模型が展示されているが、海に近い立地ゆえか錆が目立つ。

—————————————
所在地:山口県萩市
乗入路線
山陰本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください