羽咋駅

七尾線の駅、羽咋の改札画像です。

電照式駅名標、当駅は羽咋市の中心駅で特急列車を含む全ての列車が停車する。
タイプの違う電照式駅名標も存在する。
自立式駅名標
西口駅舎。当駅は気多大社があることで知られる石川県羽咋市の玄関口である。
駅舎の第一種駅名標
西口改札、特急停車駅のためIC専用自動改札機が設置されている。
ホームから撮影した西口改札
ICOCA導入前の西口改札。現在と大きな変化はない。
自動券売機は2台設置されている。かつてはみどりの窓口設置駅だったが現在は廃止されている。
西口駅舎には待合室があり、快適に列車を待つことが出来る。
待合室内部、主要駅のためベンチや自動販売機の台数は他の駅に比べ圧倒的に多い。
東口駅舎。東口は駅裏にあたり西口に比べ閑散としている。
東口改札、簡易委託の駅員がいる。
ICOCA導入前の東口改札、現在と大きな変化はない。
東口窓口周辺、有人窓口と自動券売機が1台ある。
東口駅舎内部にはガラス張りの待合室がある。
東口待合室内部、西口の待合室に比べ簡素な作りになっている。
ホームは2面3線となっており、行き違いや折り返しが可能な構造になっている。
ホーム上には木造の小屋が置かれている。
小屋には「風速目標」と書かれた木製の看板が取り付けられている。
西口駅舎には「灯室」と書かれたプレートが貼られている。
七尾線観光列車「花嫁のれん」にちなみ、花嫁のれんの砂像がホームにある。
駅前広場。ここ羽咋市はUFOのまちとして町おこしをしている。 そのため、当駅の駅前にはUFOをかたどったイルミネーションがある。
「ジャーン!」の石像も駅前広場に置かれている。

—————————————
所在地:石川県羽咋市
乗入路線
七尾線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください