千里駅

高山本線の駅、千里の改札画像です。

駅名標、同名の駅が近鉄名古屋線にある。
旧型の駅名標も存在する。
縦型駅名標、近年撤去が進み、手抜きステッカー仕様で代替されつつあるJR西の縦型駅名標であるが、当駅では看板仕様のものが残存している。
駅舎、昭和二年の開業時からの木造駅舎が現存している。また駅の構造は同線西富山駅と似ている。
駅舎入り口に設置された駅名表示、同線速星駅にも同様のものがある。
ホーム側から見た駅舎の様子、駅の側面から木造駅舎であることがはっきりとわかる。
当駅は無人駅のため窓口や改札口は存在しない。駅舎内に入ると自動で音声が流れる仕組みとなっている。
駅舎内部は待合スペースになっており、自動券売機が1台設置されている。
駅舎内には待合スペースのほかに待合室がある。
駅舎内の待合室、木製のベンチがあるほかは何もない。
ホームは2面2線の相対式ホームとなっており列車交換が可能。
猪谷方面ホームには待合スペースが存在する。
猪谷方面ホームの待合スペースの様子。ベンチが置かれている他は何もない。
猪谷方面のホームには勝手口が設けられている。駅舎とは逆側の駅東口にある工業団地方面へ出ることができる。

跨線橋の改修が行われる前の勝手口の様子、近年跨線橋の改修工事が行われた。
猪谷方面ホーム勝手口の入り口部分を撮影、駅舎や券売機はない。
以前の勝手口の様子、跨線橋が大きくリニューアルしたことが側面から分かる。
駅東口の駅前はロータリーになっている。
—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
高山本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください