新山口駅

山陽新幹線の駅、新山口の改札画像です。 

山陽新幹線駅名標。当駅には山陽新幹線・山陽本線・宇部線・山口線の4路線が乗り入れる、山口県の県庁所在地・山口市の玄関口である。当駅にはさくら号・こだま号のほか、一部ののぞみ号・みずほ号も停車する。
山陽本線駅名標。当駅は山陽本線における主要駅の1つであり、当駅始発・終着となる列車が存在する。
宇部線駅名標。宇部線は新山口駅と宇部駅を結ぶ路線で当駅が起点である。宇部線が周防灘に沿うように走るのに対し、山陽本線は内陸部を短絡するように走っているため、当駅から宇部駅へ向かう場合は山陽本線経由の方が所要時間も距離も短い。
山口線駅名標。当駅が起点駅である山口線は山陽と山陰を結ぶ陰陽連絡線でもあり、特急列車も運行されている。なお、県庁所在地最寄駅である山口駅は山口線沿線にある。
山口線ホーム上には右書きのレトロ風デザインの駅名標があり、これはSLやまぐち号の停車駅に設置されているものである。駅名標は旧駅名である小郡駅のものとなっている。
北口駅舎。近年駅舎の橋上化が行われ、橋上駅舎が整備された。
北口側の自由通路入口付近の様子。間接照明が多用された洗練された雰囲気となっている。
南口駅舎。新幹線駅は南口側に存在し、高架駅となっている。
在来線駅舎橋上化に伴い整備された自由通路は、北口駅舎同様明るく洗練された空間となっている。
在来線改札口。自動改札機は設置されていない。
新幹線改札口
新幹線乗り換え改札口
新幹線乗り換え改札口付近にはみどりの券売機とみどりの窓口が設けられている。
新幹線改札内コンコースには「秋吉台の四季」と題されたステンドグラスが設置されている。
新幹線ホームは相対式2面2線となっており、通過線が中央に2線ある。当駅のホームは待避線に設けられている。
新幹線ホームにはコメット・旗竿の使用禁止に関する手書き看板が設置されていた。なおコメットとはパーティ等で使用するクラッカーのことを指し、新婚旅行の見送り等でクラッカーを使う風習が一部であったことから、このような注意書きがなされているものと思われる。
新幹線ホーム上にある待合室には手書きと思われる待合室看板が確認できた。
在来線ホームは5面8線となっており、北から順に山口線が2面2線、山陽本線が2面2線、宇部線が1面1線を使用する。
宇部線ホームから見た当駅構内の様子。全ての路線において当駅始発・終着列車が存在し、新幹線も停車する山口県内の交通の要衝の1つである。

—————————————
所在地:山口県山口市
乗入路線
山陽新幹線
山陽本線
山口線
宇部線

小串駅

山陰本線の駅、小串の改札画像です。

駅名標。当駅は山陰本線における運行拠点駅の1つであり当駅始発・終着となる列車が多く、特に下関からの列車は半数以上が当駅で折り返す。当駅から下関方面と比べ、長門市方面への本数は半分程度にとどまる。
駅舎。マンサード屋根の庇が趣を感じさせる木造駅舎となっている。駅前広場からは若干高い位置にある。
駅舎に掲げられた駅名標は国鉄時代から残ると思われる手書きのものとなっていた。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
きっぷうりばの様子。取材時は窓口が設置されていたが、現在窓口は封鎖され無人駅となった。乗車券は自動券売機で購入する必要がある。
窓口設置時代、窓口には手書きっぽい看板が残っていた。
また、自動券売機の横にも窓口利用に関する手書き看板が残っていた。窓口営業が終了した現在、この看板の処遇に関しては推して知るべしである。
駅舎内部は小ぢんまりとした待合スペースとなっている。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。
2番・3番のりばには他駅ではあまり見ないタイプの番線標が設置されていた。

—————————————
所在地:山口県下関市
乗入路線
山陰本線

厚狭駅

山陽新幹線・山陽本線・美祢線の駅、厚狭の改札画像です。

※2018年4月再取材

厚狭駅名新幹線
山陽新幹線駅名標。当駅は1999年に開設された山陽新幹線で最も新しい駅である。
厚狭美祢駅名
山陽本線駅名標
厚狭山陽駅名
美祢線駅名標
在来線口駅舎
厚狭駅舎
新幹線口駅舎
在来線口改札。IC専用簡易改札機があるが、これは新幹線のEX-IC専用である。
在来線では、ICOCAやSUGOCAといった交通系ICは利用できない。
厚狭新幹線口改札
在来線新幹線口改札
新幹線改札。左2通路が乗換改札、右1通路が出口改札となっている。
厚狭新幹線改札
新幹線改札内から見た新幹線改札
厚狭ホーム新幹線
新幹線ホーム。当駅は1999年に開業した山陽新幹線で一番新しい駅である。
当駅は、既存の本線に側線をくっつけ、側線にホームを作った。
その名残として、現在も側線と本線との間に防音壁が残っている。
—————————————
所在地:山口県山陽小野田市
乗入路線
山陽新幹線
山陽本線
美祢線

新下関駅

下関市の新幹線の玄関口、新下関の改札画像です。

○駅名標(新幹線)

新下関新幹線駅名

○駅名標(在来線)
新下関在来駅名

○駅舎
新下関駅舎

○新幹線口改札
左に曲がれば在来線(有人改札)、
直進すれば新幹線(自動改札)。
新下関新幹線口改札

○新幹線乗換改札
左側に1通路だけ設置されているのが乗換改札機。
新下関新幹線口乗換

○在来線駅構内「動く歩道」
山陽本線ホームから新幹線口改札までは距離があるため、
改札内通路に動く歩道が設置されている。
新下関動く歩道

○南口改札(在来線)
奥に見える自動改札機は新幹線南乗換改札。
新下関南口改札

○新幹線南乗換改札
新下関南乗換
 
○下関といえばふぐ。
新下関駅で降りた乗客をふぐが出迎えてくれる。
新下関ふく
 

—————————————
所在地:山口県下関市
乗入路線
山陽新幹線
山陽本線