石見川越駅

三江線の駅、石見川越の改札画像です。

※2017年10月再取材

○駅名標
石見川越駅名

三江線活性化委員会により設置された、石見神楽にちなんだ駅名標。
当駅には、「頼政駅」との愛称がつけられている。
石見川越三江駅名

○駅舎
石見地区特有の石州瓦の屋根が特徴的な趣ある駅舎である。
石見川越駅舎

当駅のトイレは、歴史を感じさせる趣ある風合いの建物である。
石見川越便所

駅舎横の駐輪場。自転車は殆ど停められておらず、利用者の少なさを物語っている。
石見川越駐輪場

○改札口・駅舎内部
無人駅となっており、改札口は存在しない。自動券売機も設置されていない。
駅舎内は待合室となっている。窓口は閉鎖されており、カーテンが閉められている。
石見川越改札跡

石見川越窓口跡

石見川越待合室

○ホーム
ホームは1面1線の棒線駅となっており、行き違いは不可能である。
石見川越ホーム

石見川越 ホーム

—————————————
所在地:島根県江津市
乗入路線
三江線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください