川戸駅

三江線の駅、川戸の改札画像です。

○駅名標
川戸駅名

○駅舎
当駅は1930年(昭和5年)に開業した、三江線で最も歴史のある駅の1つである。
当駅の駅舎は、長い歴史を感じさせる趣ある木造駅舎となっている。
川戸駅舎

○改札口・駅舎内部
当駅は無人駅となっており、改札は存在しない。自動券売機も設置されていない。
川戸改札

駅舎内には、「サロンかわど こしかけ」があり、近隣住民の集う場となっている。
川戸内部

かつて窓口・駅員詰所であったと思われる場所は、現在図書館となっている。
川戸待合

駅舎内に入居する「江津市図書館 桜江分館」。中へは駅舎横の入り口から入る。
川戸図書館

○ホーム
ホームは1面1線の棒線駅となっており、行き違いは不可能である。
かつては2面2線であったが、合理化により片側の線路が撤去された。
川戸 ホーム

川戸ホーム

—————————————
所在地:島根県江津市
乗入路線
三江線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください