江津駅

山陰本線と三江線の分岐駅、江津の改札画像です。

※2017年5月再取材

○駅名標
山陰地区への路線記号導入に伴い、駅名標がラインカラー対応となった。
山陰本線(安来〜益田)は、「日本海や宍道湖の夕日の色」となっている。江津山陰駅名

三江線は、「江の川の色」となっている。
三江線は当駅起点で江の川に沿って石見川本、浜原を経由し三次に至る。
輸送密度が全国のJR線で最も少なく、2018年4月1日付での全線廃止となった。
江津三江駅名

ラインカラー対応前の駅名標。JR西日本標準の青い駅名標となっていた。

○駅舎
駅舎は国鉄時代からの駅舎となっており、北口側にのみある。
当駅は山陰本線の特急が全列車停車する主要駅となっている。

○改札口
自動改札機は設置されていない。有人駅でありみどりの窓口がある。

○ホーム
ホームは2面3線となっており、行き違いが可能である。 
 
—————————————
所在地:島根県江津市
乗入路線
山陰本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください