水戸駅

納豆と偕楽園の街、水戸の改札画像です。

常磐線駅名標。当駅は水郡線・鹿島臨海鉄道との接続駅であるほか、茨城県の県庁所在地・水戸市の代表駅であることから、特急ひたち・ときわ号を含む全列車が停車する。普通列車は、日立・いわき方面の列車を中心に、当駅始発・終着となる列車が多い。
期間限定で、「刀剣乱舞」のイラスト入りの駅名標が設置されていた時期もあった。
水郡線駅名標
大洗鹿島線駅名標。大洗鹿島線は鹿島臨海鉄道が運営しているが、当駅はJR東日本管轄のため、駅名標はJR東仕様となっている。
北口駅舎。駅ビル「EXCEL」が入居する橋上駅舎となっている。
南口駅舎。近年開業した駅ビル「EXCELみなみ」が入居している。
改札口
中間改札跡。7・8番線ホームへの階段付近に以前設けられていた、特急券を確認する中間改札は廃止された。現在では、大洗鹿島線乗換用のIC専用簡易改札機が設置されている。
水戸と言えば黄門様。北口駅前には水戸黄門像があり、隣に立って記念撮影ができる。
南口駅前には納豆像もある。水戸と言えば納豆も有名。お土産にもどうぞ。
沿線の大洗町がアニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台になっているため、大洗鹿島線には「痛車」ならぬ「痛列車」が走っている。
水戸駅の特急ホームには常磐線特急をモチーフにした売店がある。なお、モチーフとなった車両(E653系)は新潟に転籍したため、現在は常磐線を走っていない。手前に停車中の普通列車用の車両(E501系)は、発車時に音階がなるため「歌う電車」として有名だった。しかし、機器の更新に伴い現在は歌わなくなってしまった。

—————————————
所在地:茨城県水戸市
乗入路線
常磐線
( 水戸線)
水郡線
大洗鹿島線

「水戸駅」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください