米沢駅

奥羽本線と米坂線の駅、米沢の改札画像です。

山形新幹線・奥羽本線(山形線)駅名標。当駅は山形新幹線つばさの停車駅。奥羽本線における運行上の拠点駅でもあり、普通電車は当駅始発・終着の列車が多い。福島ー当駅間の普通列車は県境越えの人口希薄地帯となるため本数が極端に少ない。
以前の山形新幹線・山形線駅名標。現在と異なり「山形日和。」のステッカーがなく、中国語・朝鮮語表記にも非対応であった。
米坂線駅名標。米坂線は当駅が起点駅。線路幅が標準機の奥羽本線と異なり、米坂線は通常の在来線と同じ狭軌であるため、山形方面への直通は不可能である。
以前の米坂線駅名標。中国語・朝鮮語表記がない。
駅舎。山形県の近代化産業遺産である「旧米沢高等工業学校本館」をモチーフとした洋風の駅舎が特徴的。東北の駅百選に指定されている。
改札口。新幹線乗車時専用のIC専用簡易改札機が設置されている。切符非対応であるほか、Suicaでの普通電車への乗車も不可である。
以前の改札口。モバイルSuica特急券の簡易改札機が設置されていたが、現在のような扉付き自動改札機スタイルのデザインではなく、在来線用簡易改札機チックなデザインであった。
きっぷ売り場。みどりの窓口があるほか、指定席券売機も設置されている。
駅舎内部。売店や土産物屋、待合室が設けられている。
ホームは2面3線で行き違い可能。山形新幹線つばさ号は上り福島・東京方面、下り山形・新庄方面ともに1番線から発車する。
米沢線ホーム。4・5番線は米坂線専用の頭端式ホームとなっており…
4番線ホームの先が切り欠きになっており5番線となっている。
なお以前は米坂線乗り換え客用にモバイルSuica対応の簡易改札機が設置されていたが現在は撤去されている。
米坂線は山形方面への直通が不可能なため、車両はすべて終点の坂町側・新潟支社の車両が使用される。当駅構内には米坂線で使用される新潟支社所属の気動車が複数留置されている。
当駅が立地する米沢市は、日本三大和牛とも称される高級和牛「米沢牛」で知られる。当駅1番線ホームには米沢牛にちなみ牛のモニュメントが置かれている。
当駅の駅弁は米沢名産の米沢牛を使用した駅弁が多く、特に新杵屋の「牛肉どまん中」は全国の駅弁ランキングでも上位にランクインする非常に人気の高い駅弁である。当駅1番線ホームでは米沢牛使用の駅弁を、近年珍しくなったホーム上の立ち売りで購入することができる。

—————————————
所在地:山形県米沢市
乗入路線
山形新幹線
奥羽本線(山形線)
米坂線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください