川前駅

磐越東線の駅、川前の改札画像です。 

駅名標
駅舎。近年建てられた地平駅舎となっている。
当駅は無人駅となっており改札口は存在しない。ホームへはダイレクトに行くことができる。
駅舎内部は待合室となっている。
待合室内から見た待合室出入り口付近の様子
超広角カメラ(GoPro)で撮影した待合室内の様子
駅舎からホームへは構内踏切を渡り連絡する
ホームは島式1面2線となっており列車の行き違いが可能である
ホーム上にある待合室は素朴な雰囲気の味のある建物となっている
ホーム上の待合室の様子
ホーム上の待合室内の様子

—————————————
所在地:福島県いわき市
乗入路線
 磐越東線 

文挟駅

日光線の駅、文挟の改札画像です。

駅名標。日光線オリジナルデザインのレトロ調駅名標となっている。駅名標の表記は「文挾」となっているが、正しくは「文挟」である。
西口駅舎。日光線の他駅同様、レトロ調デザインとなっている。
西口駅舎内部。無人駅となっており、IC専用簡易改札機、運行状況・時刻表を表示するモニタが設置されている。
西口駅舎内部を出場側から望む。
東口駅舎。小ぢんまりとした駅舎である。以前は東口側に出入り口はなかったが、2008年に新たに新設された。
東口改札。東口側も無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
東口駅舎内部。
東口駅舎内は非常に手狭である
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である
2番線にはホーロー製と思われる番線表示が残っている
上下線ホームおよび東口・西口間は跨線橋で結ばれる。
ホームわきには謎の側線が残っている。
当駅ホームから日光方面を望む。25‰の急な上り勾配になっていることがわかる。

 —————————————
所在地:栃木県日光市
乗入路線
日光線

新花巻駅

東北新幹線と釜石線の駅、新花巻の改札画像です。

東北新幹線駅名標。当駅はくりこま高原駅や水沢江刺駅と同様に地元の要望により設置された請願駅である。このうち水沢江刺駅とは同日の開業である。
新幹線駅舎。花巻出身の宮沢賢治作「銀河鉄道の夜」をモチーフとし、イーハトーブの大地と宇宙のつながりを表現したデザインとなっている。
新幹線改札
駅舎内部。土産物店やみどりの窓口がある
待合室や花巻の観光センターも入居している
改札内コンコース。花巻温泉郷にちなんでか、温泉のれんが吊るされている。
ホームは相対式2面2線。くりこま高原駅や水沢江刺駅同様、後付けで設置された請願駅であるため通過線がなくホームは本線に面している。ホームドアが設置されているが、列車通過時はスリルを味わえる。
釜石線駅名標。当駅のエスペラント語愛称は「Stelaro(星座)」。愛称にちなみ星座をモチーフとしたイラストが入る。
釜石線駅舎。釜石線の駅は新幹線駅に隣接しているが別建てとなっている。釜石線に並行して岩手県道286号が通っているので…
釜石線ホームへは県道の下をくぐる地下通路を通りアクセスする。なお釜石線の駅は無人駅のため地下通路からホームへダイレクトに行ける。
釜石線ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可能である。画像で釜石線ホームをまたいでいるのはもちろん、東北新幹線である。
釜石線ホームには待合室があり、自動券売機も設置されている
釜石線ホーム待合室
当駅のエスペラント語愛称「星座」にちなみ、当駅のホームは星座をモチーフとした装飾がなされており、装飾の内容は宮沢賢治作詞・作曲の「星めぐりの歌」の歌詞となっている。

—————————————
所在地:岩手県花巻市
乗入路線
東北新幹線
釜石線

江田駅

磐越東線の駅、江田の改札画像です。 

駅名標
駅入口の様子。当駅は駅舎のない無人駅であり、ホームにダイレクトに行くことができる。
ホームは盛土上にあり、駅入口から見て高い位置にある。駅入口からは連絡通路が伸びており、階段を上がる必要がある。
階段はゆるい傾斜ではあるものの、そこそこ段数があり、駅入口から距離があることがうかがえる。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。
当駅ホーム上には待合室があり、歴史が感じられる雰囲気が漂う。
待合室内部の様子。ベンチとテーブルがあり、それぞれ年季が入っている様子が伺える。
当駅は夏井川渓谷の最寄り駅であり、ホーム上には案内マップが設置されている。

—————————————
所在地:福島県いわき市
乗入路線
 磐越東線 

下野大沢駅

日光線の駅、下野大沢の改札画像です。

駅名標。日光線オリジナルデザインのレトロ調駅名標となっている。
東口駅舎。駅名標同様、レトロ調のデザインとなっている。
東口改札。IC専用簡易改札機が設置されている。
東口側には係員が配置されている。
東口改札付近の様子。まっすぐ進むと改札口があり、左手に券売機、右手に待合室がある。
東口側の券売機の様子
西口駅舎。以前は西口側には駅出入り口はなかったが、2010年に新たに西口が設けられた。
西口改札。西口には係員は配置されておらず、無人となっている。
西口駅舎内部。西口側には券売機は設置されていない。
西口にも小ぶりではあるが待合スペースがある。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である。
上下線ホームおよび東口・西口間は跨線橋で移動できる。
当駅ホームから日光方面を望む。25‰の急な上り勾配になっていることがわかる。

 —————————————
所在地:栃木県日光市
乗入路線
日光線