津久田駅

上越線の駅、津久田の改札画像です。

駅名標
駅舎。ホーム上に待合室があるのみである。
駅入口にIC専用簡易改札機が設置されている。利用者が少ないためか、自動券売機は見設置。
ホームは相対式2面2線。上下線ホームは屋根のない跨線橋で結ばれる。
跨線橋から俯瞰したホームの様子。敷島駅と比べてもかなり山がちである。

————————————————–
所在地:群馬県渋川市
乗入路線
上越線

敷島駅

上越線の駅、敷島の改札画像です。

駅名標。JR東日本のクルーズトレイン「四季島」と同じ読みであるが漢字が異なる。
なお、四季島は上越線が通過ルートとなっており、当駅でも通過する姿を見ることができる。
自立式駅名標。当駅の標高は233.91mであり、上越国境に向け標高が上がっている。
駅舎。近年建て替えられた新しい駅舎である。
改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機と自動券売機が設置されている。
駅舎内の待合スペース
ホームは2面3線。中線は撤去されていないが不使用である。
また、駅周辺が若干山がちになってきていることがわかる。

————————————————–
所在地:群馬県渋川市
乗入路線
上越線

八木原駅

上越線の駅、八木原の改札画像です。

駅名標。当駅の標高は162.94mである。
当駅には上越線のほか、隣の渋川から分岐する吾妻線も乗り入れる。
駅舎。緑色の瓦屋根が特徴的な木造駅舎である。
改札口。IC専用簡易改札機が設置されている。
駅舎内の待合スペース
ホームは2面2線である。かつてあった中線は撤去され架線も張られていない。
上り新前橋・高崎方面ホームの中線跡側には柵が設けられている。

————————————————–
所在地:群馬県渋川市
乗入路線
上越線
( 吾妻線)

群馬総社駅

上越線の駅、群馬総社の改札画像です。

駅名標。岡山県に総社駅があるため区別するため県名である「群馬」が入る。
駅名が重複し区別の必要がある際、頭に「越中」「日向」等の旧国名をつけることが多いが、
群馬では旧国名「上野(こうずけ)」ではなく現在の県名「群馬」をつけるケースが多い。
これは、東京や三重にある「上野(うえの)」と混同する恐れがあるためである。
自立式駅名標。当駅の標高は136.57mである。
当駅には上越線の列車のほか、渋川から分岐する吾妻線の列車も乗り入れる。
駅舎。青いトタン屋根と白い外壁が特徴的な木造駅舎である。
改札口。IC専用簡易改札機が設置されている。
駅舎内の待合スペース
ホームは2面3線…ではなく、中線が撤去されており2面2線として運用されている。
下り渋川・水上・中之条方面ホームの中線跡側には柵が設けられている。

————————————————–
所在地:群馬県前橋市
乗入路線
上越線
( 吾妻線)

前橋駅

群馬県の県庁所在地、前橋の改札画像です。

駅名標。当駅は群馬県の県庁所在地・前橋市の玄関口である。
南口駅舎。高架駅となっている
北口駅舎
改札口。当駅の利用者数は群馬県内のJR駅では高崎駅に次ぐ第二位である。
ホームは2面3線となっている

————————————————–
所在地:群馬県前橋市
乗入路線
両毛線