日向市駅

日豊本線の駅、日向市の改札画像です。

○駅名標
当駅が立地する日向市はひょっとこ踊りで知られているため、
駅名標にはひょっとこのイラストが入っている。
日向市駅名

○駅舎
ガラス張りのデザインが特徴的なお洒落な高架駅。
当駅周辺地区は2014年度の都市景観大賞の大賞を受賞している。
日向市駅舎

○改札口・駅舎内部
自動改札機は導入されておらず、SUGOCA等のICカードも利用できない。
日向市改札周辺

日向市改札

駅高架下・1Fコンコース部分の天井。
当駅の駅舎には地元産のスギ材がふんだんに用いられている。
日向市天井

スギ材の合間に暖色の照明が等間隔に配置されており、柔らかな印象を与える。
日向市コンコース

日向市コンコース東側

日向市改札内コンコース

日向市出身の歌人・若山牧水の銅像がコンコース内に設置されている。
日向市牧水

○ホーム
ホームは1面2線の島式ホームとなっており、全体が大屋根で覆われている。
大屋根にも地元産のスギ材が多数使用されている。
日向市ホーム待合

駅舎の壁がガラス張りとなっているため、ホームは明るく開放的な空間となっている。
日向市ホーム

日向市ホーム屋根

当駅に停車する特急にちりん号。当駅には特急を含む全列車が停車する。
日向市787

当駅に停車する各駅停車延岡行き(アルミ缶)。
JR九州の特徴的なデザインの列車は、当駅の雰囲気に非常にマッチしている。
日向市アルミ缶

—————————————
所在地:宮崎県日向市
乗入路線
日豊本線

門司駅

鹿児島本線と山陽本線の駅、門司の改札画像です。

※2018年4月再取材

駅名標。関門トンネルを通って九州に入る列車のイラストが入っている。
なお、イラストに描かれている車両は九州内でしか運行できないため、
イラストのように関門トンネルを通って本州から九州に乗り入れることはできない。
駅舎。橋上駅舎となっている。
当駅は鹿児島本線と山陽本線の2路線が乗り入れ、山陽本線は当駅が終点である。
山陽本線は当駅を出ると関門トンネルを通り本州へと入る。当駅は九州の玄関口である。
改札口

—————————————
所在地:北九州市門司区
乗入路線
鹿児島本線
山陽本線

下関駅

山口県最大の都市、下関の改札画像です。

○駅名標
当駅より西へ向かう列車は関門トンネルをくぐり、九州へと入る。
当駅までがJR西日本管轄であり、隣の門司駅からはJR九州管轄となる。

○駅舎
放火により焼失した先代駅舎の三角屋根をモチーフとした橋上駅舎。

○改札口
九州方面への便宜を図るため、SUGOCAが導入されている。
改札機も西日本仕様ではなく、九州仕様のものとなっている。
 
—————————————
所在地:山口県下関市
乗入路線
山陽本線
山陰本線)

門司港駅

鹿児島本線の起点、門司港の改札画像です。

※2015年5月再取材

○駅名標
門司港駅名

○駅舎
門司港駅舎

○改札口
門司港改札

○門司港は九州の鉄道の起点。
0マイル標と昔使われていた腕木式信号機が設置されている。
門司港0マイル

—————————————
所在地:北九州市門司区
乗入路線
鹿児島本線