下板橋駅

東武東上線の駅、下板橋の改札画像です。

駅名標。下板橋という駅名であるが、駅所在地は板橋区ではなく豊島区である。東武練馬や志木など、東上線にはこのような駅が多数ある。
駅舎。三角屋根が特徴的な地平駅舎は近年リニューアルが行われ外観が美しくなった。当駅から徒歩10分ほどで、都営三田線新板橋駅・JR埼京線板橋駅へ向かうことができる。
リニューアル前の駅舎。現在の駅舎は塗装が塗り直された程度であまり大きな変化はない。東武鉄道は当駅駅舎のリニューアルを行うと大々的にプレスリリースを行った上でのリニューアルであったが、この程度の変化がリニューアルと呼べるのかは甚だ疑問である。
改札口。当駅で常時利用可能な改札口は北口側にあるこの改札のみである。改札はホームの最も川越寄りにあるため当駅での下車時は川越寄りの車両に乗るのが便利である。
改札口
駅舎内部。自動券売機と改札機が設置されているのみである。
改札口わきには鉄オタ心をくすぐるポスターが複数貼られている
南口駅舎(臨時口駅舎)。駅舎から踏切を挟んで南口側には臨時改札口が設けられている。
臨時改札口。南口側にある臨時改札口は無人改札となっており、利用時間も限られる。
臨時口は7:00〜9:00、17:00〜20:00のみ利用可能である。
常時利用可能な北口駅舎と臨時口の位置関係。南口から北口へ向かうには踏切を渡る必要があり、朝・夕の本数の多い時間帯は踏切の閉鎖時間が長くなり踏切が渡りにくくなるため、南口側の利用者に配慮して朝・夕の通勤通学時間帯に臨時改札口が開設されるものと思われる。
ホームは相対式2面2線となっている
東上線は池袋を出ると北池袋駅に向かって北向きに走るが、当駅付近で進行方向を北向きから北西向きに変える。そのため当駅のホームは比較的急なカーブとなっており通過列車も速度を落として通過する。
当駅付近には留置線が設けられており、東上線で使用する車両が留置される。なおこの留置線は池袋からの折り返し回送列車が留置される留置線であり、当駅始発・終着列車は存在しない。

————————————————–
所在地:東京都豊島区
乗入路線
東武東上線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください