大隅横川駅

肥薩線の駅、大隅横川の改札画像です。 

駅名標
国鉄仕様っぽいデザインの駅名標も設置されている。
手書きと思われるホーロー製縦型駅名標も残る
木製の縦型駅名標も設置されている
駅舎。1903年の開業当時からの荘厳な木造駅舎が残存しており、国の登録有形文化財に指定されている。駅舎前には丸ポストが置かれておりこれもまた趣深さを演出する。
改札口跡。現在は無人駅となっているが、かつてのラッチ跡が現在も残っている。
窓口跡。かつて窓口だった場所には駅スタンプ等が置かれている。
窓口跡上部には当駅駅舎が登録有形文化財に指定されている旨が書かれた木製の看板が掲げられている。
駅舎内部。肥薩線を走るSLの様子や当駅の駅舎が描かれた絵画が展示されている。
駅舎内部から駅舎出口を望む。出口付近には地元・霧島市横川町の成人式の写真が飾られている。横川町の新成人は毎年当駅駅舎前で集合写真を撮るようである。
駅舎内には当駅駅舎のミニチュア模型が展示されている。
窓口跡内部。机等が多数置かれている。(ガラス越しに撮影)
ホーム上の駅舎軒下の様子。骨組みやラッチ跡が歴史を感じさせ大変趣深い。5月にはこいのぼりも吊るされ郷愁を感じさせる。
ホーム柱には手書きと思われる方面表示が残る
また駅舎の柱には第二次大戦中の機銃掃射によって弾が貫通した跡が残る。当駅駅舎の長い歴史を物語る何よりの生き証人である。
ホームから見た駅舎の様子
ホームは相対式2面2線。かつては2面3線であったと思われるが現在中線は撤去されている
隼人・鹿児島中央方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。奥に見える橋は九州自動車道。当駅付近には横川ICが設置されている。
九州を南北に結ぶ高速交通網のうち、九州新幹線は鹿児島本線沿いに建設されたのに対し、九州道は肥薩線沿いを通っている。
ホーム上にも歴史を感じさせる雰囲気のベンチがある
当駅の駅前にはSLの動輪が置かれている。当駅が所属する肥薩線はかつて鹿児島本線の一部であった歴史と由緒正しい魅力ある路線である。

————————————— 
所在地:鹿児島県霧島市
乗入路線
肥薩線(えびの高原線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください