真幸駅

肥薩線の駅、真幸の改札画像です。 

駅名標。当駅は肥薩線で唯一宮崎県にある駅であり、宮崎県最西端の駅でもある。南隣の吉松駅は鹿児島県、北隣の矢岳駅は熊本県であり、3駅連続で所属県が異なる。
当駅には国鉄風駅名標、および木製の縦型駅名標も設置されている。
駅舎。宮崎県で最も歴史ある駅に相応しい趣ある重厚な木造駅舎が残る。
改札口跡。現在は無人駅となっている。
駅舎内部。かつての窓口跡も残る。
駅舎内の待合スペース。歴史が感じられる空間となっている。
駅名の「真幸」は「真の幸せ」に通じるとして縁起がよいとされており、駅舎軒下には絵馬置き場がある。当駅を訪れる観光客もちらほら存在する。
ホームから見た駅舎の様子
駅舎からホームへは構内踏切を渡る必要がある。
ホームは島式1面2線であり行き違いが可能となっている。
ホーム上には幸せの鐘と呼ばれる鐘がある。幸せと感じる度合いによって鳴らす回数を変えるといいとされる。
当駅周辺では1972年に大規模な土石流が発生しており、当駅ホーム上にはその時に流れてきた岩がそのまま置かれている。なお土石流災害に伴い住民が移転した結果、当駅周辺はほぼ無人地帯となっている。
当駅を含む吉松ー人吉間は急勾配区間として知られ、多数のスイッチバックやループ線を駆使し建設された。当駅もスイッチバック駅となっており、当駅の東側で線路が行き止まりとなっている。
当駅に進入する列車は人吉方面、吉松方面ともに西側から進入し、当駅停車中に進行方向を変え再び西側へ向けて発車していく。
当駅ホーム西側から東側を望む。人吉方向へ向かう線路は画像左側の盛り土の上を通っている。肥薩線はこの先矢岳駅に向けて断続的に上り勾配が続く。

————————————— 
所在地:宮崎県えびの市
乗入路線
肥薩線(えびの高原線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください