京終駅

桜井線の駅、京終の改札画像です。

駅名標。「京終」と書いて「きょうばて」と読む難読駅名である。当駅周辺は駅名の通り、奈良市街地のはずれにあたる。
駅舎。明治31年築の駅舎が現役であり、近年奈良市によるリニューアル工事が行われた結果開業当時の姿に復元された。
改装され美しくなった駅舎は青空にもよく映える。
改札口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
改札口付近には国鉄時代の駅名標をリメイクしたと思われる駅名標が設置されている。
駅舎内部。自動券売機があるほか、駅舎内でカフェが営業している。
駅舎内のカフェは11:00〜19:00営業となっている。
駅舎内部。待合スペースは広々としており、ピアノも置かれている。ピアノは自由に演奏することが可能である。
駅舎内に取り付けられたシャンデリアも趣を感じる造りとなっている。
また、駅舎内部では当駅の歴史についての紹介や鉄道グッズの展示がなされている。
かつての当駅の時刻表。
SLの写真等も展示されている。
ホーム側から見た駅舎の様子。歴史を感じさせる造りとなっている。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である。
桜井方面ホーム上にもベンチが設けられている。
奈良方面ホームへは地下道を通る必要がある。改札口付近に掲げられたこの看板は国鉄時代から残るものと思われる。
奈良方面ホームのベンチは木製となっており歴史が感じられる
当駅には事業用車両が使用すると思われる側線もある
ホーム奈良方面から桜井方面を望む
当駅に停車する奈良行き各駅停車。桜井線は長らく国鉄型車両で運行されていたが、近年新型車両が導入された。

—————————————
所在地:奈良県奈良市
乗入路線
桜井線(万葉まほろば線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください