石打駅

上越線の駅、石打の改札画像です

駅名標
駅舎。鉄筋コンクリート製の地平駅舎となっている
改札口。有人駅であり、係員が集改札を行う。自動券売機設置駅。
駅舎内には待合スペースがある
駅舎内には畳が敷かれた3畳ほどの和室風の待合スペースもある
改札内コンコース。駅舎からホームへはホーム下の地下道を通り連絡する
ホームは島式1面2線となっているが…
駅舎に隣接したホーム跡があり、かつては2面3線で運用されていたことがわかる
当駅の構内は広いが、これは上越国境越えに対し機関車の付替を当駅で行った名残である。奥の屋根付車庫はほくほく線開業に伴い特急はくたかの車両留置用に建設されたものである。特急はくたかの運行当時は夜間当駅ではくたか用車両の留置が行われていたが、現在はほくほく線の普通列車用車両が夜間当駅の側線に留置されているようである。
当駅前には上越線の開通に尽力した岡村貢氏の銅像が建立されている
当駅前には「国鉄コンテナ」と書かれたコンテナが30年経った現在も置かれている
当駅周辺にはスキー場が多く、上越新幹線開業前後は多数のスキー客が当駅を利用した。新幹線開業後、スキー場の玄関口は越後湯沢駅に移ったが、当駅には当時の名残が残る。駅舎内には冬季に使用されていたと思われる臨時改札口の跡が残っている。
スキー客で賑わっていた当時に使用されていたと思われる伝言板。昭和、平成、令和と時代が進み、携帯電話が普及しても、当時のまま現在も残っている。
かつてスキー客が大勢お土産を買っていたであろう土産物店は現在廃墟となっている。その隣には、限りなく著作権的にアウトに近いであろう石像がポツンと置かれている。
駅周辺から望む石打の街並み。当駅は石打の市街地から少し離れた高台に位置する。

————————————————–
所在地:新潟県南魚沼市
乗入路線
上越線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください