広野駅

常磐線の駅、広野の改札画像です。

駅名標。震災後、2014年に当駅ー竜田間が運転再開するまで当駅が終着駅であった。
現在は富岡駅まで運行しており、2020年春には常磐線全線が運転再開予定である。
なお、いわき以北の列車のうち1/3程度は当駅でいわき方面へと折り返す。
駅舎。茶色いトタン屋根が特徴的な木造駅舎となっている。
ホーム側から見た駅舎
改札口。有人駅であり窓口で乗車券の購入が可能。Suica等の交通系iCは利用不可。
駅舎内の待合スペース
駅舎内部。自動券売機はないため乗車券は窓口で買う必要がある。
また改札口付近には放射線量計が設置されている。
駅舎内に掲げられた「とんぼのめがね」の歌詞。
童謡「とんぼのめがね」はここ広野を舞台に作曲された曲であるとされている。
当駅では1番線富岡方面ホームで発車メロディとして採用されている。
ホームは2面3線。2番線・3番線の上りいわき方面ホームへは跨線橋を渡る必要あり。
改札内1番線ホーム上にある「汽車」の歌詞が書かれた碑。
童謡「汽車」は、常磐線の当駅周辺の情景を歌ったものであるという説がある。
当駅では、2・3番線いわき方面ホームにて発車メロディとして採用されている。
駅構内の原ノ町方面を望む。側線があり事業用車両が置かれている。
奥に見える白い煙突2本は東京電力広野火力発電所の煙突である。
当駅から海側を望む。震災後「広野みらいオフィス」として企業団地が整備された。

—————————————
所在地:福島県双葉郡広野町
乗入路線
常磐線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください