大津京駅

湖西線の駅、大津京の改札画像です。

駅名標。当駅はかつて「西大津」という駅名であったが、古都にふさわしい駅名を、という理由から2008年に大津京駅に改名された。
駅舎。湖西線は全線がトンネルや高架区間となっており、当駅も高架駅となっている。当駅付近には京阪石山坂本線の京阪大津京駅があり、徒歩5分程度で乗り換えが可能である。
当駅駅舎の駅名表記部は、ハト等の鳥たちの格好の休憩場所となっている。
改札口。大津市役所に近いこともあり、当駅の利用者数は湖西線内では山科駅に次いで多く、湖西線の単独駅としては最多である。
当駅にはかつての窓口跡が残っている。
また、かつての改札ラッチ跡もそのまま残されている。
ホームは2面4線で、待避線が設けられている。待避線を利用し、新快速電車との緩急接続を行ったり、特急サンダーバードの通過待ちを行う普通列車が存在する。
当駅の改札内コンコースには手書きと思われる方面案内看板が残る。
堅田・近江今津方面の方面看板
京都・大阪方面の方面看板
改札内コンコースにある、吊り下げ式・行灯タイプの番線標。
1番・2番のりばのものは青色なのに対し、3番・4番のりばのものは緑色となっており、上下線で色が異なる。
1番のりばの番線標
2番のりばの番線標
3番のりばの番線標
4番のりばの番線標。このように、当駅では貴重な国鉄時代からの看板を多数見ることができる。

————————————————–
所在地:滋賀県大津市
乗入路線
湖西線

彦根駅

ひこにゃんで有名な彦根城の最寄り駅、彦根の改札画像です。

JR線駅名標。ひこにゃん・彦根城で知られる彦根市の中心駅で、特急以下の全列車が停車する。
近江鉄道駅名標。当駅は車庫もある近江鉄道の主要駅である。
西口駅舎。
東口駅舎。
JR線改札口。
彦根
近江鉄道改札口。
橋上駅舎の為、東西自由通路によって結ばれている。
ホームは対面式2面2線となっている。
彦根城は当駅が最寄りであり、西口より徒歩10分ほど。
駅前には、徳川四天王の一人に数えられる初代彦根藩主・井伊直政公の騎馬像が建立されている。

————————————————–
所在地:滋賀県彦根市
乗入路線
東海道本線(琵琶湖線)
近江鉄道本線(彦根・多賀大社線)

南彦根駅

平和堂本社最寄り駅、南彦根の改札画像です。

南彦根駅名
駅名標。当駅には、普通列車のみが停車し、新快速電車は通過する。
南彦根駅舎
駅舎、当駅の駅舎は橋上駅舎となっている。平和堂の本社は南口側にある。
南彦根改札
改札口。ICOCA等のICカードが利用可能な自動改札機が設置されている。

————————————————–
所在地:滋賀県彦根市
乗入路線
東海道本線(琵琶湖線)

能登川駅

水車の形をした駅、能登川の改札画像です。

駅名標。当駅は東近江市の中心駅の1つにあたり、新快速等、特急以外の全列車が停車する。

駅舎。東近江市合併前の旧能登川町のシンボルである水車をイメージした駅舎である。

改札口。自動改札機が設置されている。 

駅舎内部、橋上駅舎となっており自由通路によって東西が結ばれている。 

ホームは2面3線となっており、上り線米原方面ホームは緩急接続が出来る構造になっている。 

————————————————–
所在地:滋賀県東近江市
乗入路線
東海道線(琵琶湖線)

安土駅

織田信長ゆかりの地、安土の改札画像です。

駅名標。当駅には普通列車のみが停車する。
駅舎。2017年11月に使用開始された橋上駅舎となっている。
北口側の駅舎には安土城の天守閣をイメージした八角形の塔が設けられている。
以前の駅舎。趣ある木造の地平駅舎であった。
駅舎は北口側のみにあり、南口側からの利用は不便であった。
改札口。ICOCA対応の自動改札機が2通路設置。駅員が不在の時間がある。
旧駅舎時代の改札口
駅舎内の自由通路。橋上駅舎化で南口側からも駅を利用しやすくなった。
みどりの窓口がなくなった代わりにみどりの券売機プラスが設置されている
ホームは2面3線。上下線の間隔が広くなっている。
当駅を最寄りとする安土城は、安土桃山時代に織田信長によって建造された。
そのため当駅前には織田信長像が建てられている。

————————————————–
所在地:滋賀県近江八幡市
乗入路線
東海道本線(琵琶湖線)