横瀬駅

西武秩父線の駅、横瀬の改札画像です。

駅名標。西武線から秩父鉄道への直通列車があるため、秩父鉄道の隣駅表示もなされている。
駅舎。山小屋・ログハウスをモチーフとしたデザインとなっている。
改札口。IC専用簡易改札機が2台設置されている。
券売機周辺
駅舎内の待合スペース
駅舎からホームへは構内踏切を渡る必要がある。
ホームは島式1面2線で行き違い可能。
西武線から秩父鉄道への直通列車は前4両と後ろ4両で長瀞行き・三峰口行きに分かれており、当駅で分割・併合を行う。これは西武秩父駅のホームから長瀞方面へ行けないためである。秩父鉄道ではPASMO等の交通系ICが利用不可なため注意。
当駅構内には横瀬車両基地があり、主に西武線の廃車車両の解体等を行っている。いわば「車両の墓場」であり、東日本で言う北長野、西日本で言う幡生である。

—————————————
所在地:埼玉県秩父郡横瀬町
乗入路線
西武秩父線

西武秩父駅

西武秩父線の終着駅、西武秩父の改札画像です。

駅名標。当駅は西武秩父線の終着駅であり、秩父市の玄関口である。他の西武線の駅とは駅名標のデザインは異なる。秩父鉄道への直通電車があるため、秩父鉄道の隣駅表示もなされている。
西武秩父駅名
以前の駅名標。駅舎リニューアル前は西武線通常デザインの駅名標であった。
駅舎。近年リニューアルが行われ、品のある和の落ち着きを表現したデザインとなった。ガラス面の格子は秩父の風景・文化が織りなすイメージを表現している。
西武秩父駅舎
リニューアル前の駅舎。基本的なデザインは変わらないが、色合いが白貴重であった。
改札口。秩父線では唯一の自動改札機設置駅であり、埼玉県最西端の自動改札機設置駅でもある。
西武秩父改札
リニューアル前の改札口。他の西武線の駅と同様のデザインとなっていた。
駅舎内には待合室が設けられている。
「西武秩父駅前温泉 祭の湯」入口。祭の湯は駅舎リニューアルに伴い駅舎に隣接して建設された。温泉のほか、秩父グルメが食べられるフードコートや土産物店が入居している。
西武秩父仲見世
現在祭の湯がある場所には、かつて西武秩父仲見世通りがあった。土産物店が中心でフードコートや温泉施設はなかった。
祭の湯の外観。駅舎とは直結しており建物も一続きとなっている。外観は駅舎同様黒色基調となっており、秩父夜祭の屋台を表現したデザイン。グッドデザイン賞受賞。
当駅駅前には西武グループ創業者・堤康次郎氏の肖像入りの記念碑が建立されている。
改札内コンコース。行灯が並んでおり洗練された印象を受ける。
行燈には「秩父」の文字をかたどったオリジナルのロゴが入っている。
特急ホーム専用改札。1番ホームは特急専用となっており、特急券を持っていないと入ることができない。
西武秩父特急中間改札
以前の特急改札口。現在はレッドアロー号のほかにラビュー号も走っている。
跨線橋内部。西武の観光列車「52席の至福」と祭の湯ののぼりがこれでもかと吊るされている。
また、当駅ー元町・中華街間を土休日に1往復している「Sトレイン」の宣伝もなされている。東急線やMM線まで乗り通すとそれなりの指定料金になる。
ホームは2面3線。先述の通り1番ホームは特急専用。
線路は当駅で行き止まりになっている。この先、小鹿野町を経由して西武グループが誇る別荘地・軽井沢までの延伸計画もあったが、頓挫し当駅が終点のまま現在に至る。
当駅の横を秩父鉄道が通過しており、画像一番右の線路が秩父鉄道。西武線から秩父鉄道への直通列車があり、当駅構内に渡り線が設けられている。
西武線⇔秩父鉄道御花畑・長瀞方面への渡り線。画像の通りホームがないため当駅は通過扱いとなり、横瀬駅を出るとダイレクトに秩父鉄道御花畑駅に停車するため注意。
西武線⇔秩父鉄道三峰口方面の連絡線。三峰口方面へは一度当駅に停車し、進行方向を変えて秩父鉄道に乗り入れる。

—————————————
所在地:埼玉県秩父市
乗入路線
西武秩父線

本庄早稲田駅

「早稲田大学本庄キャンパス」下車駅、本庄早稲田の改札画像です。

駅名標。当駅は2004年に開設された上越新幹線で最も新しい駅。当駅の駅名「本庄早稲田」は公募で1位となったもの。駅名の通り、当駅周辺には早稲田大学の本庄キャンパスがある。
北口駅舎
北口駅舎
南口駅舎。早稲田大学本庄キャンパスは南口駅前からすぐである。
改札口
乗車券売り場。みどりの窓口と指定席券売機が設置されている
改札前のスペース
駅舎内部の様子。Newdays以外の店舗はほとんど見られない
改札内コンコース
ホームは相対式2面2線で、中央に通過線がある。当駅は後付けで設置されたため、駅のなかった時代に設置された防音壁がそのまま残されている。
当駅を通過する新幹線。当駅の利用者数は東京方面への通勤・通学需要が主であるため、停車する新幹線は比較的短距離を走る「あさま号」や「たにがわ号」および一部の 「とき号」に限られる。
1番線に設置された行き先表示。富山・金沢方面の記載があるが、先述の通り当駅に停車する新幹線は「あさま号」「たにがわ号」「とき号」のみであり、「はくたか号」「かがやき号」は全列車通過である。そのため富山・金沢へは高崎や長野等途中駅での乗り換えが必要となる。

—————————————————
所在地:埼玉県本庄市
乗入路線
 上越新幹線
 北陸新幹線)

丹荘駅

八高線の駅、丹荘の改札画像です。

駅名標。高崎支社スタイルの駅名標だが手書き風のフォントではなくJR東日本通常タイプの駅名標に似たフォントとなっている
駅舎の壁にダイレクトに取り付けられた駅名標もある
駅舎。茶色い瓦屋根が特徴的な趣ある木造駅舎は既に改築済みで取り壊されている。
改札口。無人駅でありIC専用簡易改札機設置。
自動券売機は設置されていない。かつて窓口があったと思われる場所は封鎖されている
駅舎内の待合スペース。木製のベンチには座布団が積まれており長い待ち時間も快適に過ごすことができる。
当駅からはかつて上武鉄道が伸びていたが既に廃止されている。当駅の駅舎内には在りし日の上武鉄道の様子を撮影した写真が展示されていた。
旧駅舎軒下。歴史と趣を感じさせる造りであることがよくわかる。
駅舎軒下には「本屋」と書かれた木製プレートと昭和6年の建物財産票が貼られていた。築約90年の歴史ある建物であったことがわかる。
ホームは相対式2面2線…であるが、駅舎反対側のホームは使用停止されており現在は1面1線の棒線駅で運用されている。線路はまだ剥がされていない。

—————————————————
所在地:埼玉県児玉郡神川町
乗入路線
八高線

児玉駅

八高線の駅、児玉の改札画像です。

駅名標。高崎支社スタイルの駅名標が設置されている。当駅は八高線における主要駅の1つ。一部列車が当駅を始発・終着とする。
駅舎。近年改築された地平駅舎となっている。
改札口。有人駅であり、IC専用簡易改札機が設置されている。
自動券売機がある。また、みどりの窓口ではないものの、窓口で乗車券の購入が可能。
駅舎内には待合スペースが設けられている
ホームは相対式2面2線で行き違い可能
ホーム脇には倉庫と思われる歴史を感じさせる雰囲気の建物が残る
当駅構内には事業用車両用と思われる側線もある。

—————————————————
所在地:埼玉県本庄市
乗入路線
八高線