茶志内駅

函館本線の駅、茶志内の改札画像です。

駅名標。駅名は当駅周辺の地名「茶志内」に由来する。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標も設置されている。
駅舎。茶志内だけに茶色いトタン屋根が特徴的な横に長い駅舎となっている。お姉さんお茶志内?とナンパしたくなりそうな駅名だが、当駅周辺にお姉さんとお茶できそうなカフェは存在しない。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。当駅の乗車人員は16人/日なので、1日待ってもお茶したくなるお姉さんが現れるかは微妙である。もしナンパしたいならば当駅から函館本線に乗って札幌に移動しよう。札幌までの片道運賃は1,490円で、スタバのフラペチーノ約3杯分である。
当駅駅舎内のベンチにはテーブルがついている。飲み物を持参すれば、お姉さんとお茶できるかもしれない。
駅舎のホーム側出入り口付近には、かつて使用されていたと思われる改札ラッチ跡が残る。なお、取材時にはラッチ内に自転車が駐輪されていた。
当駅には勝手口があり、駅舎内の待合室を通らずとも駅構内へ向かうことができる。
2番線・3番線ホームへは跨線橋を渡り連絡する。
跨線橋のホーム側出入り口は狭くなっている。北海道の駅でこのような構造を見ることができるが、これは、冬期に跨線橋内へ雪が入り込むのを防ぐためであると思われる。
ホーム側から見た跨線橋出入り口の様子
ホームは2面3線となっている。最も駅舎側のホームへは跨線橋を渡らずダイレクトに行くことができる。
ホーム側から見た駅舎の様子。駅舎のホーム側には…
北海道の駅でしばしば見ることのできる、横型のホーロー駅名標が設置されている。

—————————————
所在地:北海道美唄市
乗入路線
函館本線

遠浅駅

室蘭本線の駅、遠浅の改札画像です。

駅名標。「とおあさ」と読みたくなるが、当駅は「とあさ」と読む。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。近隣の植苗駅と似たデザインであるが、屋根の色が赤くなっており、色が異なる。
駅舎に掲げられた駅名表示からはそこはかとなく国鉄の雰囲気が感じられる。
駅舎内部。無人駅となっており改札口は存在しない。かつての窓口跡は封鎖されている。
駅舎内部。待合室となっているが、ベンチの脚数は多くない。
ホームは相対式2面2線となっている。ホーム配置は上下線が千鳥配置となった、北海道でしばしば見られるスタイルとなっている。
駅構内の苫小牧寄りには、かつての貨物ホーム跡と思われる遺構も残る。
貨物ホーム付近には、通行禁止と書かれた、木製の看板が立てられている。
当駅から苫小牧方面を望む。当駅を含む室蘭線の沼ノ端ー岩見沢間は、1日6往復の普通列車が主体のローカル線であるが、かつて石炭を積んだ貨物列車が運行された名残から、複線区間となっている。

—————————————
所在地:北海道勇払郡安平町
乗入路線
室蘭本線

石狩沼田駅

留萌本線の駅、石狩沼田の改札画像です。

駅名標。当駅は現在留萌線の単独駅であるが、1972年まで札沼線も発着しており、同線の終着駅であった。札沼線の「沼」は当駅を指す。札沼線は1972年に当駅ー新十津川間が、2020年に新十津川ー北海道医療大学間が廃止となった。現在は札幌と北海道医療大学とを結ぶ、札沼線という名前は名ばかりの路線となっている。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。木造駅舎でこそないものの、独特のレトロ感が漂う、エモい駅舎である。
当駅は簡易委託駅で係員が配置されているが、出改札業務は行わないものと思われる。
当駅には窓口があり、平日の7:20〜13:40に限り営業している。土休日は窓口営業は行わないため、無人駅となる。
駅舎内部は広々とした待合室となっている。駅の造りから、留萌線の中間駅としては利用者が多いことがうかがえる。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。かつては2面3線あり交換可能であったようである。
当駅に停車する留萌線の列車。単行のキハ54型による運行である。留萌線は厳しい経営であるとされるJR北海道の中でもトップクラスの閑散路線の1つであり、JR北海道からは廃止方針が出されている。このように、列車が発着する光景が見られるのもあとわずかかもしれない。

—————————————
所在地:北海道雨竜郡沼田町
乗入路線
留萌本線

愛国駅

国鉄広尾線の駅、愛国の廃駅画像です。

駅名標。当駅は国鉄広尾線の廃線に伴い、1987年に廃止された。駅名標は、「国鉄広尾線 愛国駅」と書かれたものと、国鉄時代の駅名標デザインを模した駅名標の2種類が設置されている。
駅舎。当駅の駅舎は国鉄広尾線の営業当時から使用されているものである。駅舎は交通記念館として整備されており、鉄道用品の展示等がなされているが、取材時は営業時間外であった。
駅舎横には、当駅および国鉄広尾線のあゆみについて解説する看板が設置されている。
廃止から30年以上経った現在でも、ホームと線路は残されており、線路上にはSLが保存されている。なお、営業当時の線路は単式1面1線の棒線駅であったが、かつては相対式2面2線のホームを有していたようである。
ホーム上には保存されている9600型蒸気機関車の解説看板が設置されている。
当駅駅舎横に設置された「愛国から幸福ゆき」の乗車券をモチーフとした看板。営業当時、同じ広尾線にある幸福駅と並び、「愛の国から幸福へ」とのキャッチフレーズで、演技のいい駅名として人気を博したという。
看板のみならず、切符をモチーフとした碑も設置されている。愛国から幸福ゆきの切符は、現在でもレプリカを駅前の商店で販売しているほか、十勝バスでもバス乗車券を販売しているようである。
当駅前には錆び付いた廃車両が無残な状態で置かれている。なお、当駅と幸福駅はどちらも観光地化しているが、幸福駅の方がかなり観光地じみた雰囲気が漂うのに対し、当駅の観光地感はかなり薄い。

————————————— 
所在地:北海道帯広市
乗入路線
 広尾線

美唄駅

函館本線の駅、美唄の改札画像です。

駅名標。吊り下げ式駅名標はJR西日本の駅名標に似たデザインの駅名標となっている。当駅は特急カムイ・ライラック・オホーツク・宗谷が停車する、函館本線札幌ー旭川間における主要駅の1つである。
自立式駅名標は、JR北海道においてメジャーな、JR東日本に似たデザインの駅名標となっている。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標も設置されている。
駅舎。橋上駅舎となっている。
改札口。自動改札機が3通路設置されている。当駅ではKitaca等の交通系ICは利用不可能となっている。
切符売り場周辺。みどりの窓口と自動券売機が設置されている。
駅舎には東西自由通路が併設されている。
自由通路内部にもベンチが設置されており、待合スペースとしても利用可能。
自由通路1F部分の様子
ホームは相対式2面2線となっており、上下線間にはホームのない中線もある。

—————————————
所在地:北海道美唄市
乗入路線
函館本線