塩町駅

芸備線と福塩線の駅、塩町の改札画像です。

駅名標。当駅は芸備線と福塩線の分岐点である。
福塩線は当駅が終点だが、列車は全列車芸備線の三次駅まで乗り入れる。
駅舎。歴史を感じさせる趣ある駅舎となっている。
改札口。かつての窓口跡が残るが今は無人駅である。改札も券売機も存在しない。
駅舎内は待合室となっている。
かつての窓口内部には卓球台があり、地域住民の集会所になっていると思われる。
ホームは島式1面2線で行き違いが可能となっている。
芸備線と福塩線は当駅の東側で分岐する。(当駅東側の踏切より撮影)

————————————— 
所在地:広島県三次市
乗入路線
芸備線
 福塩線

備後庄原駅

芸備線の駅、備後庄原の改札画像です。

駅名標
駅名標
駅舎。庄原市の代表駅であり、赤瓦が特徴的な趣ある雰囲気である。
改札口。窓口があり、乗車券の購入が可能である。
駅舎内は待合室となっている。
ホームは2面3線あり、折り返しや行き違いが可能である。

————————————— 
所在地:広島県庄原市
乗入路線
芸備線

備後西城駅

芸備線の駅、備後西城の改札画像です。

駅名標
駅舎
改札口。窓口があり、乗車券の購入ができる。
駅舎内には売店跡があり、観光協会が入居している。
駅舎内には待合室がある。
待合室内部
ホームは相対式2面2線で行き違いが可能である。
備後落合方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。

————————————— 
所在地:広島県庄原市
乗入路線
芸備線

備後落合駅

芸備線と木次線の駅、備後落合の改札画像です。

駅名標。当駅には芸備線と木次線の2路線が乗り入れる。
当駅より3方向に線路が伸びるが、管轄支社が当駅を境に全て異なる。
芸備線広島方面は広島支社、芸備線新見方面は岡山支社、木次線は米子支社の管轄である。
駅舎
駅舎内部。無人駅であり、改札や自動券売機は存在しない。
駅舎内には写真やポスターなど多数の掲示物がみられる。
駅舎内には当駅の配線図も掲示されている。
駅舎内には多数の掲示物がある。
かつて当駅は、芸備線と木次線の交点として、多数の急行列車が行き交い賑わった。
駅舎内には、当駅が賑わった時代の写真も多数掲示されている。
駅ノートも置かれている。
当駅のキャッチコピーは「哀愁の分岐点」。
1日1度、14時台に3方向の列車全てが当駅に集まる。
いずれの方向も本数は少なく、3方向合わせて1日に12本の列車が当駅に乗り入れる。
駅構内。ホームは2面ある。駅構内は広くなっている。
島式ホームには構内踏切を渡って移動する。
構内にはかつて使用されていた転車台が残っている。
使用されなくなってから長い年月が経ち、草木に覆われてしまっている。

————————————— 
所在地:広島県庄原市
乗入路線
芸備線
 木次線

道後山駅

芸備線の駅、道後山の改札画像です。

駅名標
駅舎
駅舎内部。無人駅となっており改札や自動券売機は存在しない。
駅舎内は待合室となっている。
駅舎内には、イラスト、写真などが多数飾られている。
かつて使われていたであろう古い駅名標も、駅舎内に置かれている。
駅ノートも置かれている。
国鉄時代から使用されている看板が残る。「国鉄」の文字部分のみ消されている。
ホーム。1面1線の棒線駅であるが、かつて使用されていた相対式ホーム跡が残る。

————————————— 
所在地:広島県庄原市
乗入路線
芸備線