勇払駅

日高本線の駅、勇払の改札画像です。

駅名標
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。コンクリートブロック造りの古い地平駅舎となっている。
駅舎にはホーロー製と思われる駅名標が取り付けられている。
当駅は無人駅となっており改札口は存在しない。
駅舎内部の様子。窓口等があった痕跡は見られない。
駅舎内は待合スペースとなっており、非常に広々としている。
駅舎からホームはかなり離れており、連絡通路を通って移動する。
ホームから駅舎を望む。非常に距離があることがわかる。これは、かつて当駅の構内が広かった名残りであると思われる。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。かつては島式ホームを有しており、交換可能であったようである。
当駅周辺の様子。奥に見える煙突は日本製紙の北海道工場勇払事業所のものである。風向きによっては、当駅周辺に製紙工場独特の匂いが漂う。かつては日本製紙の工場まで当駅から引込み線が伸びており、貨物列車の発着もあったようである。

—————————————
所在地:北海道苫小牧市
乗入路線
日高本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください