八木駅

山陰本線の駅、八木の改札画像です。

駅名標、サバンナの八木とは関係は無い。
旧駅舎の様子。趣ある木造駅舎であったが、橋上駅舎の整備に伴い解体された。
旧駅舎時代の改札口の様子。有人駅となっており、簡易型自動改札機が設置されていた。
ホームは相対式2面2線となっている。
旧駅舎時代に使用されていた跨線橋は歴史を感じさせる造りとなっていた。
跨線橋内部の様子
跨線橋には木製の手書き看板が設置されていたが、橋上駅舎の使用開始に伴い、跨線橋と運命を共にした。
また、跨線橋には手書きで駅名が書かれていた痕跡が残っていたようである。心が綺麗な人には見えるかもしれない。
このほか、跨線橋には安全啓発に関する古い看板が設置されていたが、全体が錆びついており読み難くなってしまっていた。

—————————————
所在地:京都府南丹市
所属路線
 山陰本線(嵯峨野線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください