橋本駅

JR和歌山線と南海高野線の駅、橋本の改札画像です。

自立式駅名標。自立式駅名標はラインカラー対応となっている。当駅はJR和歌山線と南海高野線の接続駅である。
電照式駅名標。電照式駅名標はラインカラー対応とはなっておらず、JR西日本標準タイプの青い駅名標である。
南海高野線駅名標。南海電車標準タイプの駅名標ではなく、沿線の地形を表したオリジナルデザインとなっている。当駅は南海高野線における主要駅であり、ほとんどの列車は当駅始発・終着となる。当駅から難波方面は大阪近郊の通勤路線、高野山方面は高野山への登山鉄道の雰囲気となる。
駅舎。近年改築された橋上駅舎となっている。
当駅には南海電車とJR西日本の2社が乗り入れるため、駅舎には両社のロゴが入っている。
JR線地上改札口。和歌山線全線へのICOCA導入に伴い、当駅には扉付きの自動改札機が導入された。和歌山線の田井ノ瀬ー大和新庄間において、扉付き自動改札機が設置されている駅は岩出駅と当駅のみである。
ICOCA導入前のJR線改札口の様子。当駅は関西近郊に位置しながら、長らくICOCA等の交通系ICが利用不可能であり、有人改札での対応であった。
きっぷ売り場の様子。みどりの窓口があるほか、自動券売機が2台設置されている。
駅舎内部の様子。待合スペースがあるほか、柿の葉寿司の売店(たなか)が入居している。階段は橋上駅舎へと通じており、南海電車利用時には階段を上る必要がある。
南海電車乗換改札口。南海電車改札口の向かい側に設置されている無人改札である。
改札内から見た南海電車乗換改札口の様子
南海電車改札口。南海電車の改札はここ1箇所のみとなっている。
JR線ホームは2面3線となっており、列車の行き違いおよび折り返しが可能である。

旧駅舎時代の様子。旧駅舎は地平駅舎であったが、老朽化に伴い2011年に現在の橋上駅舎に改築された。
旧駅舎時代の改札口の様子。旧駅舎時代、当駅は南海電車とJR西日本の共同使用駅となっており、改札口は一か所のみであった。改札口には南海の自動改札機が設置されていた。
旧駅舎時代、南海電車のホームとJRのホームは跨線橋で結ばれており、跨線橋上には乗換改札機が設置されていた。

—————————————
所在地:和歌山県橋本市
所属路線
和歌山線
南海高野線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください