武豊駅

武豊線の終着駅、武豊の改札画像です。

駅名標。当駅は武豊線の終着駅である。騎手の武豊(たけゆたか)とは一切無関係。
当駅は愛知で最も古い路線・武豊線の開業当時からある、愛知で最も歴史ある駅の1つ。
駅舎。三角屋根が特徴的である。
改札口。駅集中管理システム対応の無人駅。簡易型自動改札機設置。
駅舎内部。待合スペースがあるほか、簡易型自動改札機、自動券売機が置かれている。
ホームは単式1面1線の棒線駅。武豊線内では尾張森岡駅同様数少ない棒線駅である。
また、ホームに接さない留置線が2本あり、うちホーム寄りの1本にのみ架線が張られている。
武豊線の終点。大府から19.3kmの当駅で線路は行き止まりとなっている。

—————————————
所在地:愛知県知多郡武豊町
乗入路線
武豊線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください