城端駅

城端線の終着駅、城端の改札画像です。

駅名標。城端と書いてじょうはなと読む初見殺し駅名。当駅は城端線の終着駅である。
観光列車「べるもんた」駅名標。当駅が最寄りである五箇山の合掌造りと、
「越中の小京都」城端の街並みが描かれる。五箇山へは当駅からバス連絡。
駅舎軒下には国鉄時代からのホーロー製駅名標が残る。
駅舎。開業当時からの趣ある木造駅舎であるが、近年外装が塗り替えられ美装化された。
城端 駅舎
以前の駅舎(2014年冬頃撮影)。緑基調の色合いであったことがわかる。
駅前には近年バスターミナルが整備された。
改札口。有人駅であり、地元南砺市の職員が乗車券を発券する窓口がある。
駅舎内には観光案内所が入居。ここ城端は越中の小京都として知られるだけでなく、
近年はアニメ「ture tears」の「聖地」として、全国から「巡礼客」を集めている。
なお、「ture tears」の制作元である「P.A.WORKS」はここ城端に本社を置く。
展示物
観光案内所ではP.A.WORKS関連の資料の閲覧も可能である。
駅舎内は待合室となっている
以前駅舎外に掲げられていた駅名表示。美装化に伴い撤去されたが、
現在は当駅待合室に場所を移し、以前同様城端を訪れる旅人を出迎える。
ホームは相対式2面2線。大部分の列車は駅舎側の1番乗り場から発着する。
ホームから望む駅舎と城端線の気動車
駅舎反対側の2番乗り場へは構内踏切を渡る必要がある。
城端線は当駅で行き止まりであり、線路の先には民家が建っている。
国鉄色気動車とホーロー駅名標、木造駅舎の組合せはノスタルジック。
改札内には当駅を発着する観光列車「べるもんた」の顔ハメパネルが置かれる。

—————————————
所在地:富山県南砺市
所属路線
城端線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください