高山駅

飛騨の小京都、高山の改札画像です。

○駅名標

○駅舎
2016年に新駅舎が完成し、橋上駅舎となった。
木造部分は飛騨のヒノキを使用しており、小京都「飛騨高山」の気品の高さがうかがえる。

乗鞍口(東口)
高山 乗鞍

白山口(西口)
高山 白川

○改札口
列車本数が少く、列車時間に合わせて改札を行っているため、時間帯によっては改札が閉まっている場合がある。
また飛騨高山は外国人観光客が非常に多いため、駅員が外国語で列車の案内をする姿も見受けられる。
高山 改札

○駅自由通路
駅の東西自由通路は「匠通り」と命名されている。
通路の両端には、高山祭に関連する、祭り屋台に関連する展示が催されている。
高山 通路

—————————————————
所在地:岐阜県高山市
乗入路線
高山本線

飛騨細江駅

高山線の駅、飛騨細江の改札画像です。

○駅名標
飛騨細江 駅名標

○駅舎
趣のある木造の駅舎を有する。
飛騨細江 駅舎

○駅舎内部
改札跡が残る、また駅ノートも備え付けられている。
飛騨細江 改札

飛騨細江 駅内部

○ホーム
行き違いが可能な対面式のホームを持つ。
飛騨細江 ホーム

—————————————————
所在地:岐阜県飛騨市
乗入路線
高山本線

楡原駅

高山本線の駅、楡原の改札画像です。

駅名標、「楡」の字が入る駅は当駅と東武日光線の楡木駅のみである。
駅舎、ホームより低いところに駅舎がある。
駅舎内部は待合スペースになっている。
駅舎内部の待合スペースには駅ノートが置かれている。
駅舎通路部分、無人駅で券売機の設置はない。
駅舎裏側から撮影、集札箱が置かれている。
ホームは駅舎より高い場所にある為、駅舎からホームへは長い階段を上る必要がある。
ホームへと続く階段内部
かつては反対側ホームへ行くトンネルの通路があったが、ホームが棒線化したため廃止されている。
かつての通路は完全に封鎖されている。
なお階段を通らずに駅舎横からホームに上がれる道も存在する。
上から見た通路の様子、駅のホームから駅舎隣にダイレクトに下りることが出来る。
ホームは1面1線の棒線ホームで行き違いは不可。
対面にはホーム跡が残り、かつては相対式ホームだったことがわかる。
富山方面の線路は対面ホームへの分岐部分があったせいかゆるくカーブしている。
ホーム上にも趣のある木製の待合室が残る。
ホーム上の待合室内部、ベンチ以外特に設備はない。
ホームの待合室は昭和5年築で、現在のホームはかつては「上り」ホームであったことが表記からわかる。
年撤去が進み、手抜きステッカー仕様で代替されつつあるJR西の縦型駅名標であるが、当駅では看板仕様のものが残存している。
階段の上がった部分には木製の上屋があり、こちらも趣がある。
上屋下の階段口にはのりば案内がある。「笹津・富山方面」と「猪谷・岐阜方面」 と書かれていたものと思われ、国鉄時代から残るものと推測される。
ホームからは駅舎や駅前の国道41号線を眺めることが出来る。

—————————————
所在地:富山県富山市
所属路線
高山本線