押上駅

東京スカイツリーのお膝元、押上の改札画像です。

京成押上線・都営浅草線駅名標。京成押上線は当駅が起点駅で、都営浅草線は当駅が終点である。両線は直通運転を行っており、当駅は京成電鉄が管理する共同使用駅である。駅名標も京成仕様となっている。
東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線駅名標。当駅は半蔵門線の終点駅・東武伊勢崎線の起点駅である。両線は直通運転を行っており、当駅は東京メトロが管理する共同使用駅となっている。
駅入り口。当駅は地下駅となっており、改札口やホームは地下にある。当駅は東京スカイツリーのすぐそばに位置しており、副駅名<スカイツリー前>が設定されている。
京成押上線・都営浅草線改札口。改札機は京成仕様となっている。半蔵門線・東武線への乗換えや、東京スカイツリータウンへのアクセスに便利である。
京成押上線・都営浅草線改札口。ホームの西馬込寄りの階段からアクセスする改札。メインの改札口より利用者が少ないため、改札機の台数も少ない。
券売機。京成の券売機と都営の券売機が並べて設置されている。
ホームは2面4線となっている。改札口へ向かう階段は利用者の割りには非常に狭く、混雑しやすい。会社境界駅であるが、当駅始発・終着列車は多くなく、ほとんどの列車が直通運転を行う。
半蔵門線・東武線押上方面改札。東京メトロ管轄のため東京メトロ仕様の改札機が導入されている。京成線・都営浅草線への乗り換えや東京スカイツリータウンへのアクセスに便利な改札口である。
半蔵門線・東武線業平方面改札。東京スカイツリータウンや京成線・都営浅草線へは若干距離があるため、利用者は押上方面改札と比べると少ない。
券売機は、東京メトロのものと東武線のものが並べて設置されている。
東武線の運賃表。埼玉・群馬・栃木方面に広大な路線網を有するだけあり、運賃表はかなりカオスになっている。当駅周辺では、隣の曳舟駅を境に、亀戸方面、浅草方面・押上方面に分かれている。
運賃表を見ると、隣の曳舟駅から浅草方面に1駅行ったとうきょうスカイツリー駅の運賃が運賃表に書かれていないことがわかる。これは、当駅ととうきょうスカイツリーが営業上同一駅扱いであるためである。。
ホームは2面4線となっている。半蔵門線の列車のうち東武線に乗り入れるのは約半分で、残り半分は当駅で折り返しとなる。
当駅を発着する半蔵門線中央林間方面行きの列車は、東武線直通か当駅始発かでホームが変わるため、乗車時には注意したい。当駅の発車標では中央林間方面行きの発車番線の案内を行っている。
東京スカイツリーを訪れる観光客が当駅を多く利用するためか、当駅構内には東京メトログッズを販売する売店が営業しており、外観は銀座線の車両を模したデザインとなっている。
駅構内には「江戸の祭り」と称した壁画が飾られており、活気ある東京の下町らしさを感じることができる。
東京のランドマークの一つである東京スカイツリーは当駅のすぐそばにそびえ立つ。電波塔として日本一高い高さ634mのスカイツリーは、下から見上げるとその高さをより実感できる。隣のビルは東京ソラマチで、東武鉄道の関連会社が運営するショッピングモールである。
東京スカイツリータウンは当駅の地下通路にも入口があり、京成線・都営浅草線・半蔵門線・東武線の各線と直結している。

—————————————————
所在地:東京都墨田区
乗入路線
京成押上線
都営浅草線
東京メトロ半蔵門線
東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)

本八幡駅

総武線と都営新宿線の駅、本八幡の改札画像です。

総武線の駅名標。当駅は都営新宿線の接続駅であるが、各駅停車のみが停車する。
駅舎。高架駅となっており、高架下には駅ビル「shapo」がある。
改札口。都営新宿線接続駅であるため利用者が多く、改札機の台数も多い。
shapo改札口。ICカード専用の無人改札となっている。5:30〜24:00のみ営業。
都営新宿線JR本八幡駅方面改札。JR総武線と都営新宿線の乗換は当改札利用が便利。
都営新宿線京成八幡駅方面改札。京成線京成八幡駅への乗換に便利な改札。

—————————————————
所在地:千葉県市川市
乗入路線
総武線(各駅停車)
 都営新宿線

王子駅

京浜東北線と南北線の駅、王子の改札画像です。

○駅名標
当駅には京浜東北線と、南北線、都電荒川線が乗り入れる。

京浜東北線
王子駅名

細長いタイプの駅名標も設置されている。
王子駅名細長

京浜東北線ホームには、国鉄時代のホーロー製の方面表示が残る。
王子ホーロー方面表示

南北線

荒川線

○駅舎
北口駅舎の上は東北・上越・北陸新幹線の高架線となっている。
王子駅舎

南口駅舎は、京浜東北線の高架線の下に駅舎がある。
王子南口駅舎

○北口改札
当駅で最も大規模な改札口である。南北線、都バスへの乗り換えは当改札が便利。
王子北口改札

○中央口改札
都電荒川線への乗り換えは当改札が便利。
王子中央改札

○南口改札
無人改札となっている。係員に用事がある際はインターホンを使用しよう。 
王子南口改札

○都電荒川線のりば
都電荒川線は車内で運賃を精算するため、改札口は設置されていない。
王子都電

—————————————
所在地:東京都北区
乗入路線
京浜東北線
東京メトロ南北線
都電荒川線

両国駅

両国国技館のある相撲の聖地、両国の改札画像です。

総武線各駅停車駅名標。東京近郊への駅番号導入に伴い、駅名標が4ヶ国語対応となった。駅番号は「JB21」が付番されている。21は三鷹からの通し番号である。
当駅の駅舎はかつて当駅が総武線のターミナルだった時代に建てられた由緒ある駅舎である。駅舎はデザインをそのままに近年リニューアルされ、駅舎内に飲食施設が開業している。
JR線東口改札。大江戸線乗り換えに最も近い改札。なお大江戸線のりばまでは300m以上離れている。
JR線西口改札。両国国技館に最も近い改札。大江戸線乗り換えにはかなり距離があり不向き。
ホームは島式1面2線となっている
ホームには国鉄風の案内看板が残っている。
ホームに設置されている国技館の案内看板は手書きであるものと思われる。
当駅には総武線各駅停車のみ停車するが、駅近くに快速線も通っている。当駅には快速線につながる臨時ホームがあり、”B.B.BASE”等の臨時列車はこの臨時ホームを発着する。
臨時ホームには日光線駅名標の色違いのようなレトロ風デザインの駅名標が設置されている。隣駅表示は「房総」となっている。
臨時ホームにはホーロー縦型駅名標が設置されている。かつて首都圏に多く設置されており、現在でも水郡線や天浜線で多く見られるリコーの広告入りのタイプである。

—————————————————
所在地:東京都墨田区
乗入路線
総武線各駅停車 
 都営大江戸線

浅草橋駅

総武線各駅停車と浅草線の駅、浅草橋駅の改札画像です。

総武線各駅停車駅名標。当駅の駅名は「浅草橋」であるが、浅草へは徒歩30〜40分程度離れている。浅草へは、当駅で都営浅草線かバスへ乗り換える必要がある。
駅舎。高架駅となっており、高架橋に隣接して駅舎が設けられている。
JR線東口改札。都営浅草線への乗り換えは当改札が便利。
JR線西口改札
総武線ホームは相対式2面2線となっている。当駅の架線柱は古レールを利用したと思われる、特徴的なものとなっている。
当駅のホーム下には国鉄時代より残ると思われる看板がある。
また、都営地下鉄乗り換え口案内の看板も国鉄っぽい雰囲気が感じられるものとなっている。
西口改札は都営地下鉄の改札口から遠いため、その旨を示す国鉄風看板も残っている。
都営浅草線浅草橋駅改札。JR総武線への乗り換えは当改札が便利。
都営浅草線蔵前方面改札

—————————————————
所在地:東京都台東区
乗入路線
総武線(各駅停車) 
都営浅草線