幡屋駅

木次線の駅、幡屋の改札画像です。

駅名標、ラインカラー対応となっている。
木次線の駅には古事記や日本書紀にちなむ愛称が付けられている。当駅の愛称は「大原郡家」となっている。
駅入口、当駅には駅舎はなく、ホーム上に小さな待合室があるのみである。
待合室に設置された1種駅名標は国鉄っぽい雰囲気が感じられる。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
ホーム上にはベンチがあり待合スペースとなっている。

—————————————————
所在地:島根県雲南市
乗入路線
木次線

加茂中駅

木次線の駅、加茂中の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。当駅はホームが著しく狭いため、駅名標の撮影はし難い。
木次線の駅名には古事記や日本書紀にちなむ愛称が付けられている。当駅の愛称は「事代主命」となっている。
愛称看板のデザインは表裏で異なっている。
駅舎。瓦屋根が特徴的な木造駅舎となっている。
当駅の1種駅名標からは国鉄っぽい雰囲気が感じられる。
改札口。当駅は簡易委託駅のため、駅員が配置されている。
当駅には窓口があり、営業時間内であればきっぷの購入が可能である。
窓口付近には奥出雲おろち号の模型が展示されていた。
駅舎内部は待合室になっている。駅舎内には多くの装飾品が飾られている。
ホーム側から見た駅舎の様子
ホーム側駅舎の軒下には「線路横断左右指差確認」と書かれた手書き看板がある。
また、安全第一の手書き看板も存在する。
ホームは島式1面2線で行き違い可能となっている。ホームの幅は狭い。
ホームは駅舎から若干離れた場所に位置している。
駅舎からホームへは通路を通り、構内踏切を渡ってアクセスする。
駅舎やホームから離れた場所には、かつて見張台か何かに使用されていたと思われる謎の小屋が残る。
取材時はアジサイが見ごろであり、美しい花を咲かせていた。

—————————————————
所在地:島根県雲南市
乗入路線
木次線

南宍道駅

木次線の駅、南宍道の改札画像です。

駅名標。ラインカラー対応となっている。
当駅は駅舎のない無人駅であり、ダイレクトにホームへ入る構造となっている。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり行き違い不可。
ホーム上には待合室が設置されている。
待合室内にはベンチ・集札箱が設置されている。
ホーム上には当駅の駅名が入った石碑が2つ鎮座している。
駅前へ通じる道は大変狭く、車の駐車スペース等は設けられていない。
駅付近には線路を横断しないと入ることのできない民家がある。線路には立入禁止の看板があるが、恐らく勝手踏切として使用されているものと思われる。
駅周辺は小さな集落となっており、自然豊かな里山風景が広がる。

—————————————————
所在地:島根県松江市
乗入路線
木次線

宍道駅

山陰本線と木次線の駅、宍道の改札画像です。

山陰線駅名標。ラインカラー対応となっている。
木次線駅名標。木次線は当駅が起点駅である。
駅舎。茶色い瓦屋根が特徴的な駅舎は、当駅が「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の立ち寄り駅になったことに伴い、2017年春にリニューアルされたものである。
改札口。ICOCAが導入されており、IC専用簡易改札機が設置されている。また、「瑞風」のロゴが貼られた扉があるが、これは「瑞風」利用者専用出入口となっている。
駅舎内は待合室となっている。
南口駐車場利用者用入口。現在使用されていないホームに外から階段をつけ、跨線橋の出入口を改造したものである。
南口側にある駐車場利用者向けの改札口がある。当改札は、駅南口の駐車場を月極・時間貸しで利用している乗客のみ利用できる。
跨線橋内部の様子。
跨線橋内部には、宍道町の歓迎の手書き看板が存在する。宍道町は合併により松江市となり、2005年に消滅しているため、少なくともそれ以前に設置されたものと思われる。
跨線橋内にある「出口」の看板は国鉄時代からあるものと推測される。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違いおよび折り返しが可能。このうち、電化されているのは1番・2番のりばのみであり、3番のりばは非電化のため、主に木次線の列車が使用する。
木次線は、3番のりばのホームの途中で山陰線より分岐する。
当駅の上屋(ホーム屋根)は古レールを使用したもので、歴史を感じられる造りとなっている。
当駅にはのりかえ案内看板が複数枚設置されている。このうち、広島へは以前木次線経由の急行「ちどり」が運行されていたが、現在は廃止されたため直通で行くことはできない。
こののりかえ案内看板は国鉄時代から使用されているものと思われる。1番のりばに設置されているものは「面」の文字が一部消えており、2番のりば設置のものに比べると状態が悪い。
ホームにはかつて使われていたであろう「運転用品」を入れる木製の箱が現在も残る。
駅舎横の小屋には「安全」とかかれた大きめの看板も貼り付けられていた。
駅舎と反対側にはかつての木次線のホーム跡が残る。ホームの一部は前述の南口駐車場の出入り口として活用されている。
ホームに停車中の木次線キハ120系、木次線は中国山地有数の閑散路線となっている。
ホームには特産の「来待石」を使った石灯ろうが展示されている。

—————————————
所在地:島根県松江市
乗入路線
山陰本線
木次線

備後落合駅

芸備線と木次線の駅、備後落合の改札画像です。

駅名標。当駅には芸備線と木次線の2路線が乗り入れる。 当駅より3方向に線路が伸びるが、管轄支社が当駅を境に全て異なる。芸備線広島方面は広島支社、芸備線新見方面は岡山支社、木次線は米子支社の管轄である。
芸備線・木次線兼用駅名標、ラインカラーには対応していない。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が残っている。
縦型駅名標、近年撤去が進み、手抜きステッカー仕様で代替されつつあるJR西の縦型駅名標であるが、当駅では看板仕様のものが残存している。
駅舎、縦長の駅舎となっている。
駅舎の第一種駅名標、国鉄時代から残るものと思われる。
駅舎内には写真やポスターなど多数の掲示物がみられる。
駅舎内部は待合室になっている。
全回訪問時(2017年)の駅舎内部。若干内部が変わっている。
 2017年訪問時の駅舎内部。
駅舎内には当駅の配線図も掲示されている。
駅舎内には多数の掲示物がある。
かつて当駅は、芸備線と木次線の交点として、多数の急行列車が行き交い賑わった。
駅舎内には、当駅が賑わった時代の写真も多数掲示されている。
駅ノートも置かれている。
当駅のキャッチコピーは「哀愁の分岐点」。
1日1度、14時台に3方向の列車全てが当駅に集まる。
いずれの方向も本数は少なく、3方向合わせて1日に12本の列車が当駅に乗り入れる。
駅構内。ホームは2面ある。駅構内は広くなっている。
島式ホームには構内踏切を渡って移動する。
ホームには当駅が海抜452メートルであることを示す木製看板が設置されている。
ホーム上には歴史を感じる木製の待合室が存在する。
構内にはかつて使用されていた転車台が残っている。
使用されなくなってから長い年月が経ち、草木に覆われてしまっている。
転車台以外にもかつての鉄道施設が草木に覆われている。
ホームには「確認。通票よいか、信号よいか、旅客よいか」とかかれた運転士の確認項目が書かれた手書き看板がある。
ホームに設置されている番線標は国鉄時代から残ると思われるが、経年のせいか他線ではあまり見かけない形となっている。
2番のりばの番線標、手書きと思われる。
3番のりばの番線標、こちらも手書きと思われる。
当駅のトイレは木造のトイレで駅舎とは別に設置されている。
トイレの看板はシールが貼られているが金属製の看板になっている。
当駅にに来たことを歓迎する顔ハメパネルが当駅にはある。

————————————— 
所在地:広島県庄原市
乗入路線
芸備線
 木次線