和田山駅

山陰本線と播但線の駅、和田山の改札画像です。

電照式駅名標、当駅は朝来市の中心駅であり、特急コウノトリ、きのさきを含む全列車が停車する。
自立式駅名標、ラインカラーに対応している。

当駅は橋上駅舎であるが、出入口は1方向のみである。
駅舎の第一種駅名標、国鉄時代からのものと思われる。
改札口、有人駅の為駅員による改集札が行われている。

かつての窓口跡には緑の券売機が設置されている。
駅舎に内部には待合室が設けられている。
待合室内部、山陰本線・播但線の主要駅の為待合室は広い。
ホームは2面4線のホームを有しており、1.2番乗り場と4.5番乗り場でホームが分かれている。空白の3番乗り場はホーム間の中線に番号が振られている。
特急停車駅のためかホームは広く、木製の屋根になっている箇所もある。
ホーム上には水道が設けれている。寝台列車があったころの名残と思われるが真相は不明。
ホームからはかつての給水塔の跡とレンガ車庫が見ることが出来る。どちらの近づくことが出来ないためホームからしかその姿は見ることが出来ない。
給水塔跡、JRのロゴが入っている。
レンガ機関庫跡、明治45年築のレンガ機関庫が現在も残る。残念なことに屋根はなくなっている。
跨線橋内部には・・・
ここでは左側通行の看板が残る。
担架とかかれた手書き看板も存在する。
和田山 駅苗
駅外では播但線の留置車両の真隣で遊ぶこともできる。

—————————————
所在地:兵庫県朝来市
乗入路線
 山陰本線
■ 播但線

姫路駅

姫路城の最寄り駅、姫路の改札画像です。

新幹線駅名標。当駅には一部ののぞみ号が停車する。
山陽本線(JR神戸線)駅名標。当駅は山陽本線における主要駅であり、神戸方面、岡山方面ともに当駅始発・終着列車が多数存在する。
以前の山陽本線(JR神戸線)駅名標。東隣に東姫路駅が開業するまでは、当駅の隣駅は御着駅であった。
播但線駅名標。播但線は当駅から山陰本線和田山駅を結ぶ路線で、線内では特急はまかぜが運行されている。また当駅ー寺前駅間は電化されている。
姫新線駅名標。姫新線は当駅から佐用・津山を経由し伯備線の新見駅を結ぶ路線であり、全線非電化となっている。姫新線では高速化事業が行われ、当駅ー上月間では線形改良および専用の新型車両導入により、最高速度が引き上げられ輸送の近代化がなされている。
北口駅舎
南口駅舎
中央口改札
中央口改札
東改札

播但線・姫新線乗り換え改札
新幹線乗り換え改札。当駅は新幹線駅構内から直接外に出られる改札は存在しないため、一度乗り換え改札を経由し、在来線改札から外に出る必要がある。
姫新線ホームは3番ホームで、頭端式ホームとなっている。

—————————————
所在地:兵庫県姫路市
乗入路線
■ 山陽新幹線
■ 山陽本線(JR神戸線)
■ 播但線
姫新線