伊予市駅

予讃線の駅、伊予市の改札画像です。

○駅名標
伊予市駅名

○駅舎
駅前の国道を挟んで向かい側には伊予鉄郡中港駅がある。
伊予市駅舎

○改札口

伊予市改札

—————————————
所在地:愛媛県伊予市
乗入路線
予讃線
予讃線(愛ある伊予灘線)

乗り換え
伊予鉄道郡中線 郡中港駅

下灘駅

予讃線の駅、下灘の改札画像です。

駅名標
駅舎側を向いている駅名標は駅番号が入っていない。もともとこちら側には駅名標は設置されていなかったが、当駅で撮影された青春18きっぷポスターの写真と同じ写真が撮りたいという旅行者の声に応え、駅名標が設置されたという。
当駅にはホーロー縦型駅名標が設置されているが、これは国鉄時代から残るものではなく、伊予灘ものがたり号の運行開始時に有志により取り付けられた新しいものである。
駅舎。開業当時からの木造駅舎が使用されている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
かつては窓口が営業していたようであるが、現在は無人駅のため窓口は使用されていない。自動券売機も設置されていない。
駅舎内部は待合スペースとなっている
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、列車の行き違いは不可能である。
当駅は海岸線に近い高台にあるため、ホームからは美しい伊予灘を眺めることができる。このことから、映画・ドラマのロケ地としてもよく使用されており、青春18きっぷのポスターには3度採用されている。
美しいオーシャンビューと木造上屋の組み合わせは「映える」としか言いようがなく、とても素晴らしいものである。近年はInstagramの普及により「インスタ映えする駅」として知名度が爆上がりしており、観光客も増えてきている。

 

海の見えるロケーションであることもあり、真ん中が低いため2人で座るとくっついてしまう「らぶらぶベンチ」が駅舎のホーム側(海側)に設置されている。このベンチに座って伊予灘を眺めると良い思い出になるかもしれない。
当駅に進入する普通列車。列車が進入する様子もまた絵になるものである。
当駅に停車する列車の本数は少ないため、当駅を訪れる観光客も車利用の場合が多い。駅付近には駐車場も設けられているが台数は限られている。近年は知名度向上に伴い、特に観光シーズンの土休日は「本来の無人駅の風情」を味わい難いことが多い。訪問の際には、時期や時間帯等をよく検討の上、計画されることをお勧めしたい。

—————————————
所在地:愛媛県伊予市
乗入路線
予讃線(愛ある伊予灘線)

予讃線・内子線の駅 一覧

予讃線(高松~松山)
高松 – 香西 – 鬼無 – 端岡 – 国分 – 讃岐府中 – 鴨川 – 八十場 – 坂出宇多津丸亀 – 讃岐塩屋 – 多度津 – 海岸寺 – (臨)津島ノ宮 – 詫間 – みの – 高瀬 – 比地大 – 本山観音寺 – 豊浜 – 箕浦 – 川之江 – 伊予三島 – 伊予寒川 – 赤星 – 伊予土居 – 関川 – 多喜浜 – 新居浜 – 中萩 – 伊予西条 – 石鎚山 – 伊予氷見 – 伊予小松 – 玉之江 – 壬生川 – 伊予三芳 – 伊予桜井 – 伊予富田 – 今治 – 波止浜 – 波方 – 大西 – 伊予亀岡 – 菊間 – 浅海 – 大浦 – 伊予北条 – 柳原 – 粟井 – 光洋台 – 堀江 – 伊予和気 – 三津浜 – 松山

予讃線(新線)・内子線(松山~伊予大洲)
松山 – 市坪 – 北伊予 – 南伊予 – 伊予横田 – 鳥ノ木 – 伊予市 – 向井原 – 伊予大平 – 伊予中山 – 伊予立川 – 内子 – 五十崎 – 喜多山 – 新谷 – 伊予大洲

予讃線(愛ある伊予灘線)(伊予市~伊予大洲)
伊予市 – 向井原 – 高野川 – 伊予上灘 – 下灘 – 串 – 喜多灘 – 伊予長浜 – 伊予出石 – 伊予白滝 – 八多喜 – 春賀 – 五郎 – 伊予大洲

予讃線(伊予大洲~宇和島)
伊予大洲 – 西大洲 – 伊予平野 – 千丈 – 八幡浜 – 双岩 – 伊予石城 – 上宇和 – 卯之町 – 下宇和 – 立間 – 伊予吉田 – 高光 – 北宇和島 – 宇和島