後藤駅

境線の駅、後藤の改札画像です。

駅名標。境線のラインカラーは「青」のため、ラインカラー導入後もデザインは変わらない。
境線オリジナルの妖怪駅名標。当駅は「どろたぼう駅」である。
駅舎。西口側にあり、青い瓦屋根が特徴的な駅舎である。
駅舎からホームへは構内踏切を渡って移動する。
東口側には駅舎はないが、勝手口が設けられている。
東口側へも、ホームから構内踏切を渡る必要がある。
自動券売機はホーム待合室上に置かれている。
ホームは島式1面2線であり、行き違いが可能である。
当駅には隣接して後藤総合車両所があり、駅構内は広くなっている。
境線本線のほか、後藤総合車両所構内の線路が駅横を通る。
当駅から見た後藤総合車両所。主に山陰本線向けの車両が所属する。
特急「やくも」やサンライズ瀬戸・出雲の車両もここの所属である。
ここでは主に列車の整備・点検・改造を行っている。
なお、後藤総合車両所への入出区があるため、境線は当駅ー米子間のみ電化されている。

—————————————
所在地:鳥取県米子市
乗入路線
■ 境線

米子駅

鳥取第2の都市、米子の改札画像です。

※2017年5月再取材

米子駅名
駅名標。山陰地区へのラインカラー・路線記号導入に伴い、駅名標が交換された。
山陰線(当駅〜城崎温泉)は、「鳥取二十世紀梨の色」となっている。
米子駅名
ラインカラー導入前の駅名標。JR西日本標準のデザイン・カラーとなっている。
米子駅舎
駅舎。国鉄時代から使用されている、歴史ある重厚な駅舎である。
米子改札
改札口。2016年12月の山陰地区ICOCA導入に伴い、扉付きの自動改札機が設置された。
なお、山陰地方での自動改札機設置駅は、当駅、松江、出雲市の3駅のみである。
鳥取県の駅としては、当駅が唯一の自動改札機設置駅である。
米子改札
ICOCA・自動改札機設置前の改札。駅員さんが改札を行っていた。

*・゜゚・* 水木しげるワールドの玄関口・米子 *・゜゚・*

当駅と境港を結ぶ境線。
終点の境港は、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者として知られる、
水木しげる先生の出身地である。

米子境線のりば
境線ホームへ向かうと、目玉おやじとねずみ男がお出迎えしてくれる。
米子境線のりば2
境線では鬼太郎や目玉おやじを車体にデザインした「鬼太郎列車」が走っており、境港観光の目玉にもなっている。
米子境線のりば4
鬼太郎列車が発着する境線ホーム。妖怪ワールド一色になっている。
米子駅名鬼太郎
境線ホーム駅名標。ねずみ男駅という副駅名がつけられている。
米子境線のりば3
境港からの帰りも、鬼太郎が見送ってくれる。
米子発祥
当駅は山陰地方における鉄道発祥の地である。
駅前にはそのことを示す碑が設置されている。 
—————————————
所在地:鳥取県米子市
乗入路線
■ 山陰本線
■ 伯備線)
■ 境線