新三河島駅

京成本線の駅、新三河島の改札画像です。

駅名標。駅名に「新」がつくのは近隣にJR常磐線・三河島駅があるためである。なお、JR三河島駅とは距離があり、乗り換えには不適である。京成線と常磐線の乗換は隣の日暮里駅で行った方がはるかに便利である。
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅入り口・改札口がある。
改札口
ホームは島式1面2線となっている。ホーム幅が比較的狭いため、通過列車に気をつけたい。

—————————————————
所在地:東京都荒川区
乗入路線
京成本線

京成上野駅

京成本線の駅、京成上野の改札画像です。

駅名標。当駅は京成本線の起点駅である。正式な駅名は「京成上野」であるが、駅名標では「京成」が省略されている。
駅舎。当駅は西郷隆盛像のあることで知られる上野恩賜公園の地下にあり、JR線・東京メトロの上野駅からは若干離れている。
改札口。当駅は京成線のターミナルながら、利用者数は京成電鉄で第8位であり、隣の日暮里駅の半分程度である。これは、当駅とJR上野駅が離れており、日暮里駅の方がJR線への乗換が便利であることによる。
当駅からは成田空港行きが発着するが、経由は成田スカイアクセス経由と京成本線経由の2種類あり、スカイライナーは全て成田スカイアクセス線を経由する。発車標にはどちらを経由するのかの表示がなされている。
ホームは2面4線となっている。

—————————————————
所在地:東京都台東区
乗入路線
京成本線

京成金町駅

京成金町線の駅、京成金町の改札画像です。

駅名標。当駅の正式な駅名は「京成金町」であるが、駅名標では「京成」が省略されている。
駅舎。JR常磐線・金町駅とは別建ての駅舎となっており、JR金町駅は道を挟んですぐ向かい側にある。
改札口。改札を入って階段を上がれば、すぐに電車に乗車することが出来る。
改札内から見た改札口の様子
ホームは単式1面1線の棒線駅で、到着した列車はそのまま折り返す。
京成金町線は当駅が終点となっており、ホームの端には車止めが設置されている。
ホームの高砂寄りには「切換時閉扉に注意」と書かれた、乗務員向けの木製看板が設置されている。

————————————————–
所在地:東京都葛飾区
乗入路線
京成金町線

柴又駅

京成金町線の駅、柴又の改札画像です。

駅名標。当駅は柴又帝釈天の最寄り駅であり、駅周辺は山田洋次監督・渥美清主演の「男はつらいよ」の舞台でもある。
ホームには旧デザインの自立式駅名標も残されている。
駅舎。駅舎の外観は「男はつらいよ」の世界観を考慮した和風のデザインとなっており、関東の駅百選に選定されている。
改札口。自動改札機が4通路設置されている。
ホームは相対式2面2線となっており、行き違い可能である。高砂駅・金町駅がどちらも1面1線の構造であるため、当駅で必ず列車交換が行われる。
金町方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
ホームから構内踏切を望む。金町方面ホームの金町方には…
かつての改札口跡があり、ラッチも残っている。無論、現在この改札口は使用されていない。
駅前に立つ、「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎像。休日を中心に、当駅周辺には柴又帝釈天を訪れる観光客や「男はつらいよ」のファンの姿を多数みることが出来る。

—————————————————
所在地:東京都葛飾区
乗入路線
京成金町線

京成立石駅

京成押上線の駅、京成立石の改札画像です。

駅名標。当駅の駅名は「京成立石」であるが、駅名標では「京成」が省略されている。当駅周辺は「せんべろの街」として知られ、居酒屋・スナックー・バーなどの飲食店が密集する地帯となっている。
駅舎。築50年程度の橋上駅舎であり、押上線では唯一の地上駅となっている。しかし、当駅周辺でも高架化工事が行われており、2023年をめどに高架化が完成し、地上駅は見納めとなる予定である。
駅舎。築50年程度の橋上駅舎であり、押上線では唯一の地上駅となっている。しかし、当駅周辺でも高架化工事が行われており、2023年をめどに高架化が完成し、地上駅は見納めとなる予定である。
当駅駅舎入口横には、「ようこそ!!キャプテン翼ゆかりの地葛飾」と書かれた看板がある。当駅や四ツ木駅周辺には、キャプテン翼のキャラクターの像などが設置されている。
改札口。当駅の利用者数は京成電鉄の駅で第10位であり、押上線の単独駅および、京成電鉄の普通列車のみが停車する駅としては最多の利用者数を誇る。
プラレールの製造販売元で知られる玩具メーカー・タカラトミーは、ここ立石に本社を置いている。当駅構内には、「けいせいたていし プラレール駅」と称するプラレールの展示スペースがあり、遊ぶ親子連れの姿がみられる。
当駅は築50年を超える比較的歴史のある駅舎のため、歴史を感じさせる看板が残っている。改札口付近には、JR線への乗換を案内する看板が設置されている。
また、青砥・津田沼方面ホームへの階段付近にあるお手洗の案内看板も、歴史を感じさせる雰囲気が漂う。
ホームは相対式2面2線となっている。現在、当駅は地上駅であるが、前述の通り高架化される予定となっている。現在の地上駅は、もうすぐ見納めとなる。

—————————————————
所在地:東京都葛飾区
乗入路線
京成押上線