神奈川新町駅

京急本線の駅、神奈川新町の改札画像です。

駅名標。京急関係者・沿線住民からは通称「新町」と呼ばれる当駅は、車庫があることから始発・終着列車も存在する沿線の運行拠点駅の1つである。当駅には特急・エアポート急行・普通列車が停車するが、快特は通過となる。
東口駅舎。近代的な雰囲気を感じさせるモダンなデザインが特徴的な駅舎である。
東口改札。駅員が配置されている。
西口駅舎。京急の新町列車区の建物の1階が駅舎となっている。
西口改札。西口改札は東口改札と異なり、係員のいない無人改札となっている。駅舎が京急の社員詰所となっているにもかかわらず、無人改札であるのはいまいち謎である。
ホームは2面4線となっており、上下線ともに待避線がある。待避線では当駅始発・終着列車の発着のほか、普通列車と優等列車の緩急接続もしばしば行われる。なお、4番線は隣の子安駅まで線路が続いている。
先述の通り、当駅には車庫があり、駅構内は広くなっている。
車庫では昼寝をする京急電車の姿を見ることができる。
当駅付近の踏切から見た車庫の様子。車庫は横浜方面に向けて広がっている。
また、品川方面にも留置線が複数存在する。
当駅にはもじ鉄案件が複数存在する。西口改札からホームへ向かう途中の通路には当駅に併設の新町電車区・新町車掌区の歴史を感じさせる銘板が設置されている。
ホーム付近には、乗務員向けと思われる左右指差確認の看板がある。
当駅横の踏切には、手書きっぽい看板が設置されている。

—————————————
所在地:横浜市神奈川区
乗入路線
京急本線

京急東神奈川駅

京急本線の駅、京急東神奈川の改札画像です。

仲木戸駅時代の駅名標。当駅は2020年春に駅名改称される前は、仲木戸駅という駅名であった。
駅舎。3F建て構造の駅舎となっており、改札は1Fと3Fに、ホームは3Fにある。
JR線の東神奈川駅とは、当駅3Fから伸びる連絡通路で結ばれている。
3F改札口。上り川崎・品川方面ホームに直結しており、係員が配置されている。JR東神奈川駅への連絡通路に通じており、JR乗り換えは当改札が便利である。
1F改札口。係員の配置されていない無人改札となっている。
1F改札口。係員の配置されていない無人改札となっている。
ホームは相対式2面2線となっている。
当駅にも駆け込み抑制看板が設置されている。他駅でも見られるため、レア度は低い。
また、駆け込み同様に他駅でも見られる広告募集看板も当駅に設置されている。

—————————————
所在地:横浜市神奈川区
乗入路線
京急本線

神奈川駅

京急本線の駅、神奈川の改札画像です。

駅名標。駅名は東海道の宿場・神奈川宿に由来し、県名や区名にも採用された由緒正しい地名である。隣駅である横浜駅までの距離はわずか0.7kmしかなく、徒歩圏内である。
駅舎。地上駅のように見えるが、線路が掘割構造のため橋上駅となっている。駅舎のデザインは神奈川宿にちなみ、宿場をモチーフとしたデザインとなっている。
改札口。自動改札機が3通路設置されているが、駅舎が手狭なため、前後に分かれて配置されている。横浜駅が徒歩圏内であることもあり、当駅の利用者数は京急線内では安針塚駅に次いで2番目に少ない。
駅舎内部。非常に手狭であることがうかがえる。
ホームは相対式2面2線。当駅のすぐ横をJR線(東海道線・横須賀線・京浜東北線)が通っているが、JRには駅はなく、京急線にのみ駅が設けられている。

—————————————
所在地:横浜市神奈川区
乗入路線
京急本線

戸部駅

京急本線の駅、戸部の改札画像です。

駅名標
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅舎がある。
改札口
ホームは島式1面2線となっており、幅は比較的狭くなっている。
当駅のホーム屋根からは歴史を感じさせる雰囲気が漂う。

—————————————
所在地:横浜市西区
乗入路線
京急本線

日ノ出町駅

京急本線の駅、日ノ出町の改札画像です。

駅名標。当駅にはエアポート急行・普通列車が停車する。
駅舎。当駅周辺は繁華街となっており、伊勢佐木町・野毛地区への京急線における最寄駅となっている。
改札口。先述の通り、当駅周辺は繁華街となっていることもあり利用者は比較的多く、改札機の台数は多い。改札機はへの字型に配置されている。
駅員詰所側から見た改札口の様子
ホームは相対式2面2線となっており、カーブしている。
ホームには名所案内の看板が設置されている。

—————————————
所在地:横浜市中区
乗入路線
京急本線