みどり湖駅

中央本線の駅、みどり湖の改札画像です。

駅名標。当駅は塩嶺トンネル開通に伴う塩尻ー岡谷間の新線開通に伴い設置された駅である。
駅入口。当駅には駅舎はなく、当駅付近を跨ぐ公道に直接通じる出入口が設けられており、塩尻・松本・名古屋方面と岡谷・甲府・新宿方面で出入口が異なる。
岡谷・甲府・新宿方面出入口の様子
出入口に設置されている看板は国鉄時代からの手書き看板と思われる。
岡谷・甲府・新宿方面改札口。当駅は無人駅となっており、Suica等の交通系ICが使用可能である。IC専用簡易改札機および集札箱が設置されている。自動券売機はないが、乗車駅証明書発行機が設置されている。
岡谷・甲府・新宿方面ホーム上には待合室が設けられている。
岡谷・甲府・新宿方面の待合室内部の様子。ベンチが3席設置されている。
塩尻・松本・名古屋方面ホーム出入口の様子。
ホーム出入口に設置されている手書き看板は国鉄時代からのものと思われる。
塩尻・松本・名古屋方面改札口の様子。当駅は無人駅となっており、Suica等の交通系ICが利用可能である。IC専用簡易改札機と乗車駅証明書発行機が設置されている。
塩尻・松本・名古屋方面改札口にも集札箱が設置されている。
乗車駅証明書発行機付近には国鉄時代から残ると思われる方面手書き看板がある。
塩尻・松本・名古屋方面ホーム上にも待合室が設けられている。
塩尻・松本・名古屋方面待合室内部の様子。ベンチが6席設けられている。岡谷・甲府・新宿方面と比べると席数が多くなっている。
ホームは相対式2面2線となっている。当駅経由の短絡線が開通して以降、あずさ号の特急列車は辰野経由の旧線ではなく、全て当駅経由の短絡線を経由して運行されている。短絡線の開通により中央本線のスピードアップに貢献した。

—————————————
所在地:長野県塩尻市
所属路線
中央本線

広丘駅

篠ノ井線の駅、広丘の改札画像です。

吊下式駅名標。4ヶ国語対応となっている。
自立式駅名標。当駅は篠ノ井線の駅であるが、乗り入れる列車はほとんどが塩尻から中央東線・中央西線に直通する列車である。
駅舎。茶色を基調とした外観が特徴的な橋上駅舎となっている。
駅舎。茶色を基調とした外観が特徴的な橋上駅舎となっている。
改札口。Suica等の交通系ICが利用可能であり、IC専用簡易改札機が設置されている。
きっぷ売り場の様子。みどりの窓口が設置されているほか、自動券売機が2台設置されており、うち1台は指定席券売機となっている。
自由通路内部。一部は待合スペースとなっている。
ホームは相対式2面2線となっている。
—————————————
所在地:長野県塩尻市
所属路線
篠ノ井線
( 中央東線)
( 中央西線)

平田駅

篠ノ井線の駅、平田の改札画像です。

駅名標。当駅は篠ノ井線の駅であるが、塩尻から中央東線・中央西線に乗り入れる列車がほとんどである。
駅名標。当駅は篠ノ井線の駅であるが、塩尻から中央東線・中央西線に乗り入れる列車がほとんどである。
駅舎。波形の形状が特徴的な橋上駅舎となっている。
駅舎。波形の形状が特徴的な橋上駅舎となっている。
改札口。Suica等の交通系ICが利用可能であり、IC専用簡易改札機が設置されている。
改札口。Suica等の交通系ICが利用可能であり、IC専用簡易改札機が設置されている。
きっぷ売り場の様子。みどりの窓口が営業しているほか、自動券売機が2台設置されている。
きっぷ売り場の様子。みどりの窓口が営業しているほか、自動券売機が2台設置されている。
自由通路内部の様子
自由通路内部の様子
ホームは相対式2面2線となっている。
ホームは相対式2面2線となっている。

—————————————
所在地:長野県松本市
所属路線
篠ノ井線
( 中央東線)
( 中央西線)

南松本駅

篠ノ井線の駅、南松本の改札画像です。

駅名標。当駅は篠ノ井線の駅であるが、塩尻駅から分岐する中央東線・中央西線に乗り入れる列車がほとんどを占める。
写真入り駅名標。松本盆地を俯瞰したと思われる写真が入っている。
駅舎。先代駅舎の老朽化に伴い、2020年に改築された新しい地平駅舎である。
旧駅舎。国鉄時代から使用されていると思われる駅舎を減築したものが使用されていたが、老朽化に伴い2020年に解体されてしまった。
旧駅舎時代の1種駅名標は木製手書きのものとなっていた。
改札口、IC専用簡易改札機が設置されている。当駅は有人駅であり係員による集改札が行われる。
旧駅舎時代の改札口。Suica等の交通系ICが利用可能であり、IC専用簡易改札機が設置されている。
改札内から見た改札口
改札内から見た旧駅舎時代の改札口の様子
当駅にはみどりの窓口および自動券売機2台が設置されている
旧駅舎時代のきっぷ売り場の様子。みどりの窓口が営業しており、自動券売機が2台設置されていた。
駅舎内部には冷暖房完備の待合室が設置されていたが、窓口営業時間帯のみ使用可能であり、窓口閉鎖時間帯は閉鎖されていた。
駅舎からホームへは跨線橋を渡る必要がある。
旧駅舎時代、改札口付近の柵には「通行禁止」のホーロー看板が設置されていた。
通行禁止のホーロー看板の近くには「通行を禁ず」と書かれた木製手書き看板があるが、劣化により文字はかなり読み難くなっている。
ホームは島式1面2線となっている。
駅構内は非常に広くなっており、多数の側線があるが、これは貨物駅が併設されているためである。
当駅構内ではガソリンを運搬するタンク貨車が停車する様子がしばしば見られる。長野県内で消費されるガソリンの大部分は神奈川県の根岸、三重県の塩浜等の製油所から貨物列車で輸送されており、長野県民の日常生活を支える縁の下の力持ちと言える存在である。

—————————————
所在地:長野県松本市
所属路線
篠ノ井線
( 中央東線)
( 中央西線)

高尾駅

中央線と京王高尾線の駅、高尾の改札画像です。

JR線駅名標。当駅は中央線における東京都最西端の駅であり、隣の相模湖駅は神奈川県となる。中央線快速は当駅始発・終着列車が多く、大部分の列車が立川・新宿方面へ折り返す。
駅番号導入前のJR線駅名標。ひらがな主体の旧様式の駅名標が設置されていた。
当駅駅舎内にはホーロー縦型駅名標が保存されていた。
京王線駅名標。当駅は京王高尾線とJR中央線の接続駅である。なお、高尾山登山の拠点は隣の高尾山口駅となるため気をつけたい。
北口駅舎。社寺風デザインの趣ある駅舎であり、JR東日本が管轄している。
北口改札。JR東日本が管轄している改札だが、京王線利用者の利便性も考慮し、京王線の乗車券で当改札を通過し、JR線駅構内を通過して京王線に乗車できる。同様の措置は以前は当駅のほか、新宿駅でも行われていた。
北口改札。JR東日本が管轄している改札だが、京王線利用者の利便性も考慮し、京王線の乗車券で当改札を通過し、JR線駅構内を通過して京王線に乗車できる。同様の措置は以前は当駅のほか、新宿駅でも行われていた。
北口改札の駅員詰所付近にはホーロー駅名標とサボが保管されていた。
きっぷうりばの様子。自動券売機2台と指定席券売機が設置されている。JR東日本仕様の券売機であるが京王線の乗車券も購入可能である。かつてはみどりの窓口も営業していたが現在は閉鎖されてしまった。
駅舎内部にはカフェが入居している。
南口駅舎。寺社風の趣を感じる北口駅舎と対照的に近代的な外観となっており、雰囲気は全く異なる印象を受ける。南口側は京王電鉄が管轄している。
JR線南口改札。改札機はJR東日本のEG-20型が設置されているが、京王電鉄が管轄しているため駅員詰所は京王線の改札と共用であり、配置されている駅員は京王の駅員である。案内看板の様式も京王仕様となっている。
京王線南口改札
京王線・JR線連絡改札。京王線・JR線を乗り換える乗客向けの改札である。京王線利用者がJR線の駅構内を通過して北口に抜ける際には、黄色の改札機を必ず通らねばならない。なお、同様の措置は以前新宿駅でも行われていたが、新宿駅での運用は廃止され現在は当駅のみに導入されている。
当駅のJR線駅構内には手書きと思われる案内看板が設置されている。
JR線駅構内に設置の手書きと思われる出口案内看板
JR線駅構内に設置の手書きと思われる出口案内看板

—————————————————
所在地:東京都八王子市
乗入路線
中央本線
京王高尾線