須崎駅

土讃線の駅、須崎の改札画像です。

駅名標。当駅は土讃線における運行拠点駅の1つであり、特急しまんと号・あしずり号の全列車が停車するほか、当駅始発・終着となる普通列車も多い。
自立式駅名標。当駅から高知方面への普通列車は概ね1時間に1本程度運行されるのに対し、当駅から窪川方面への普通列車は1日5往復の運行となり、当駅を境に極端に本数が減る。
駅舎は鉄筋コンクリート製の地平駅舎となっており、横に長い。
改札口。当駅は有人駅となっており、係員による集改札が行われる。
当駅にはみどりの窓口があるほか、自動券売機も設置されている。
駅舎内部は待合室となっているほか、郵便局も入居している。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。
ホームは千鳥式配置となっている。
当駅の跨線橋は歴史を感じさせる趣ある造りとなっている。
跨線橋には通票閉塞時代の木製手書き看板がしれっと残っており、跨線橋が長い歴史を有していることの生き証人である。
当駅のホーム上屋は古レールを使用したもので、跨線橋同様趣ある雰囲気が感じられる。
2番・3番のりばホーム上には、歴史を感じさせる雰囲気の水飲み場があった。
ホーム上のベンチには、国鉄っぽいフォントでワンマン列車乗車口と書かれた看板が設置されている。
当駅を含む土讃線の高知ー窪川間では観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」号が運行されており、当駅でも客扱いは行わないものの運転停車が行われる。取材時は偶然、ものがたり列車の運転停車に立ち会うことができた。
ものがたり列車と須崎市キャラクターしんじょう君の顔はめパネル。ものがたり列車のヘッドマーク部分は時計の形をモチーフとした装飾が施されている。
当駅での運転停車時にはホーム上でおもてなしがなされ、明徳義塾和太鼓部メンバーによる和太鼓演奏が行われる。
和太鼓演奏終了後の当駅ホームの様子
観光列車の見送り・出迎えを行うの際は、旗を持ってホームに入場することで入場券を買うことなくホームへ入場できる。取材班も地元民にしれっと混じって見送りを実施した。
観光列車は1番のりばに長時間停車するため、運行日は定期列車ののりばが変更されるため注意したい。駅舎内待合室にはそのことを示す看板が設置される。
跨線橋から駅構内を望む。取材時は偶然、定期特急列車との並びを見ることができた。また、当駅構内のバラスト上には白いバラストで「なべやきラーメン」と書かれていることがわかる。
鍋焼きラーメンは須崎市の名物として知られており、駅構内には鍋焼きラーメンの看板も設置されている。
駅前の便所にも鍋焼きラーメンをモチーフとしたキャラクターのイラストが入る。このキャラクターはアンパンマンの作者として知られる故・やなせたかし氏(高知県出身)がデザインしたものである。
便所にはカワウソのイラストも入っているが、これは絶滅種に指定されたニホンカワウソが最後に目撃されたのが須崎市内の新荘川であることに由来する。須崎市のキャラクター「しんじょう君」もニホンカワウソがモチーフである。

—————————————————
所在地:高知県須崎市
乗入路線
土讃線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください