篠ノ井駅

信越線の起点駅、篠ノ井の改札画像です。

篠ノ井駅名
駅名標。当駅より長野方が信越本線、松本方が篠ノ井線、 軽井沢方がしなの鉄道線である。
東口駅舎。当駅在来線の真横を北陸新幹線の線路が通過しており、 写真で床が茶色くなっている部分は新幹線線路の直上にあたる。
西口駅舎。東口に比べ簡素な作りとなっている。
篠ノ井駅とかかれた達筆の看板が駅入口に掲げられている。
改札口。当駅には自動改札機が導入されている。
篠ノ井改札
旧改札口。かつては自動改札機は4通路であった。
改札口内部にも、みどりの窓口が存在する。これは直通するしなの鉄道線内にJR切符を購入できる駅が少ない為、特急しなのなどの乗り換え客為、便宜を図っているものと思われる。
改札口周辺。指定席券売機を含め券売機は4台設置されている。
ホームは島式ホームと片面ホームの2面3線となっている。
駅構内は留置線などを含めかなり広大な敷地となっている。
1番線ホームのすぐ隣には、新幹線の線路が隣接している。
信越本線は飛び地のため、篠ノ井~長野間のみであるが、直江津方面と言った旧信越本線の駅名が方面表示されている。
西口には長野オリンピックのモニュメントが置かれている。
篠ノ井聖火
雪ん子像。1998年の長野オリンピック開会式で、歌と踊りを披露した雪ん子がモチーフ。 雪ん子に扮した3人の子供が聖火トーチを支える姿を模している。

—————————————
所在地:長野県長野市
所属路線
信越本線
篠ノ井線
しなの鉄道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください