新旭駅

湖西線の駅、新旭の改札画像です。

駅名標。近畿エリアへの路線記号導入に伴い、ラインカラー入りの駅名標に交換となった。吊り下げ式のものは非電照の光らないタイプである。
自立式駅名標。近畿地区への路線記号導入に伴い、ラインカラー入りの駅名標に交換された。
ラインカラー導入前の駅名標。以前の駅名標はJR西標準タイプの青帯の駅名標であった。現在は湖西線のラインカラーである水色の帯の入った駅名標となっている。
西口駅舎。バリアフリー化に伴う改築を行った為、湖西線の高架駅としては他の駅とは外観が異なる。
東口駅舎。西口駅舎同様に、近年エレベーターの設置工事が実施された。
改築前の東口駅舎、上屋やエレベーターが設置されていない。
改札口。IC専用簡易改札機が設置されている。
改札口内部から撮影。
改築前の改札口。かつてのラッチ跡が残っており、窓口も現在とは形が異なることがわかる。
券売機周辺。当駅には自動券売機が1台と有人窓口が設置されている。
駅舎内部は待合スペースになっている。
待合用のベンチは比較的多く設置されている。
改札口からホームへは階段を上がる必要がある。
階段付近には手書きと思われる各方面の案内看板が残る。近江今津・永原方面の方面看板は、永原の永の字が特徴的な形となっている。
堅田・京都方面の方面看板
堅田・京都方面の方面看板
改札内コンコースには、近江今津・永原方面の赤矢印付きののりば案内が設置されている。
堅田・京都方面ののりば案内。近江今津・永原方面と比べると文字が大きい。
ホームは相対式2面2線となっている。
ホームに設置されている番線標は国鉄時代から残るものと思われるが、他線ではあまり見かけないタイプとなっており、湖西線独自のものと推測される。
2番のりばの番線標
当駅は旧新旭町の玄関駅であり、新旭町時代からの観光案内図が駅前には残る。
駅前には高島市観光物産プラザがある。また当駅は高島市役所の最寄駅でもある。
東口には地元の祭りである「七川祭」の流鏑馬の銅像がある。
滋賀県内でよく見かける「飛び出し坊や」の看板。当駅付近に設置されているものは、なぜか上半身が粉々に破壊されており、変わり果てた姿となってしまっている。

—————————————
所在地:滋賀県高島市
乗入路線
湖西線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください