新松戸駅

常磐線と武蔵野線の交点、新松戸の改札画像です。

常磐線の駅名標。当駅は武蔵野線の乗換駅であるが、各駅停車のみの停車である。
このような例は、西船橋駅、南浦和駅、西国分寺駅(中央特快が通過)などでもみられる。
私鉄でも、京王線は武蔵野線と交わるが駅すらなく、西武池袋線の秋津駅は急行通過である。
武蔵野線の駅名標。当駅は常磐線の乗換駅であるため多くの乗客が入れ替わる。
駅舎。当駅の構造は3層構造になっている。駅舎・改札口は地上1階にある。
その上に盛り土で常磐線が通っており、高架の武蔵野線がその上で交わっている。
改札口。改札口はここ1箇所のみである。

—————————————
所在地:千葉県松戸市
乗入路線
 常磐線(各駅停車) 
 武蔵野線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください