仙北町駅

東北本線の駅、仙北町の改札画像です。

駅名標
当駅には3種類のホーロー製縦型駅名標が設置されている。1種類目は白地に黒文字のタイプであり、岩手県内の他駅でも比較的よく見かけるタイプである。
2種類目は青地に白文字のタイプである。白地に黒文字のタイプと比べると少ないが、岩手県内の他駅でも設置例がある。
最後は黒地に白文字のタイプである。このタイプが設置されているのは珍しく、盛岡支社管内では唯一の設置例であるものと思われる。
このほか、国鉄時代からの駅名標として行灯タイプの三角縦型駅名標が設置されている。
このほか、国鉄時代からの駅名標として行灯タイプの三角縦型駅名標が設置されている。
駅舎。開業当時からのものと思われる趣ある木造駅舎が使用されている。
改札口。当駅は有人駅となっており、係員による集改札が行われる。係員不在時間帯は無人となる。
きっぷ売り場の様子。みどりの窓口があるほか、自動券売機が1台設置されている。
きっぷ売り場の窓口に書かれた文字は国鉄時代から残るものと思われる。
駅舎内部は広々とした待合スペースとなっている。
駅舎軒下には、出口専用の通路も設けられているが、普段使用されているかどうかは不明である。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎のホーム側には安全第一のホーロー看板も設置されている。
駅舎とホームは跨線橋を渡って連絡する。
跨線橋の外観はレトロ感を感じさせる造りとなっている。
逆サイドから見た跨線橋の様子
跨線橋階段付近の外壁には鳥のイラストが入っている。この鳥は盛岡市の鳥であるセキレイであるものと思われる。
ホーム側の跨線橋外壁にもイラストが入っている。薄くなっており見難いが花のイラストであり、盛岡市の花であるカキツバタであるものと推測される。
跨線橋の階段付近の様子。手すりの柱部分の意匠が特徴的である。
跨線橋内部の様子
ホームは島式1面2線となっている。大幹線・東北本線の駅のためホーム有効長はかなり長くなっているが、現在は基本的に2両〜4両での運用となっており、長いホームは持て余している状態である。
ホーム上にも待合室が設けられている。

—————————————
所在地:岩手県盛岡市
乗入路線
東北本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください