さくらんぼ東根駅

奥羽本線の駅、さくらんぼ東根の改札画像です。

駅名標。当駅には山形新幹線が停車する。当駅は山形新幹線新庄延伸に伴い、北に900mの位置にあった蟹沢駅を移転・改称したものである。駅名には東根市の要望で、東根市が生産量日本一を誇る「さくらんぼ」の名が入れられた。なお、当駅の隣には「さくらんぼ」のつかない東根駅がある。
駅舎。1999年の山形新幹線新庄延伸に伴い整備された橋上駅舎で、東根市の複合施設「さくらんぼタント館」と合築となっている。
駅舎前には東根市が生産量日本一を誇る「サクランボ」の顔はめパネルが置かれている
改札口。新幹線乗車時専用のIC専用簡易改札機が設置されている。
改札付近。駅舎は3階建てで、改札口・駅施設は最上階の3Fにある。
駅の東西自由通路も3Fに位置する。
タント館3Fには東根市のシルバー人材センターが入居。学習コーナーでは地元高校生が学習に励んでいる。
2Fはコワーキングスペースとなっている。
1Fには物産店と待合スペースが設けられている。
ホームは相対式2面2線で行き違いが可能である。
当駅ホーム壁にはサクランボ生産量日本一をPRする東根市の看板が設置されている
ホームには当駅を最寄りとする東根市・河北町をPRする横断幕が設置されている。

—————————————
所在地:山形県東根市
乗入路線
山形新幹線
奥羽本線(山形線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください