大竹駅

山陽本線の駅、大竹の改札画像です。

駅名標。ラインカラーに対応している。当駅は広島県最西端・最南端の駅であり、隣の和木駅は山口県となる。
ラインカラー導入前の駅名標
当駅の名所案内は国鉄時代から残るものと思われる。
駅舎。国鉄時代からの鉄筋コンクリート駅舎となっている。当駅では橋上化工事が行われており、現在の駅舎は間もなく見納めとなる。
駅舎に取り付けられた立体文字の駅名標は以前黒色の塗装がなされていたが、現在は塗料が剥がれたためか金属が露出している。
改札口。自動改札機は3通路設置されている。
当駅にはみどりの窓口、みどりの券売機と自動券売機が設置されている。
みどりの券売機の横には券売機の使用方法に関する手書き看板が設置されている。
手書き看板の上半分は広島支社お家芸であるガムテープ修正がなされている。もともとは何と書かれていたのだろうか。わたし、気になります!
駅舎内部には待合スペースが設けられている。
ホームは2面3線となっている。
当駅のホーム上屋は木造の趣ある造りとなっている。
当駅の跨線橋も上屋同様、木造の趣ある造りとなっている。跨線橋も橋上化に伴い見納めになるものと思われる。
当駅には貨物駅が併設されており、広い駅構内を有する。
ホーム上には歴史を感じさせる造りの木造倉庫が残っていた。
ホーム越しに撮影した木造倉庫の様子
改札口付近には正体不明の謎なキャラクター「けいちゃん」のパネルが置かれている。
当駅の便所付近には白ポストが置かれている。

—————————————
所在地:広島県大竹市
乗入路線
山陽本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください