納内駅

函館本線の駅、納内の改札画像です。

駅名標。駅名標が南側を向いているためか、かなり色あせている。
当駅にもホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。深川市納内支所や多目的ホールの入った「深川市 納内時計台プラザ」と合築になっている。名前の通り、駅舎には時計台が設置されている。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。駅舎のホーム側出入り口付近には椅子が置かれており、待合室の役目を果たす。
前述の通り、駅舎内には深川市役所納内支所が入居している。
逆サイドには、多目的ホールがある。
なお、駅舎横には通路(勝手口)があり、駅舎を通らずともホームまでダイレクトに行くことができる。
ホームは相対式2面2線となっている。かつては中線があったと思われるが、現在は使用されていない。
旭川方面ホームへは跨線橋を渡る必要がある。
跨線橋内部。木造で、歴史が感じられる造りとなっている。
跨線橋内部の様子。天井部の骨組みから、趣ある雰囲気が感じられる。

—————————————
所在地:北海道滝川市
乗入路線
函館本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください