小千谷駅

小千谷縮発祥の地、小千谷の改札画像です。

駅名標。「おじや」ではなく「おぢや」である。
越乃Shu*Kura駅名標。
駅舎。小千谷縮、錦鯉、片貝花火で知られる小千谷市の玄関口である。
改札口。有人駅であり、Suicaが利用可能。IC専用簡易改札機設置。
当駅はSuicaに飛び地で対応しており、長岡駅等導入駅までの乗車時にのみ利用できる。
越後川口駅や六日町駅といった、非導入駅への乗車時は切符を購入する必要がある。
また、当駅はSuica新潟エリアにあたり、水上や高崎といった関東エリアへの利用も不可。
駅舎内部、乗車券売り場周辺。当駅ではみどりの窓口が営業している。
駅舎内部、待合室周辺。
待合室内部
ホームは2面2線。かつて中線があったと思われるが現在は撤去されている。
また、融雪をしやすくするため当駅構内の線路の線路間には水が張られている。
当駅に設置されている列車接近予告装置。出発信号と連動して鳴動する。
列車が発車し信号が赤になるまで、点滅しながら延々と音楽を大音量で流し続ける。
なぜか、関西地区で運用される221系に似た車両のイラストが入っている。
当駅に停車するE129系各駅停車長岡行き。接近表示器に描かれている車両とは異なる。
当駅に停車するのは通常、このE129系か飯山線から乗り入れるキハ110系に限られる。
なぜここ小千谷で、停車しない車両が描かれた接近表示器が使用されているか謎である。
駅前の風景。当駅前には国道が通っている。
駅前の地下道。ここ小千谷が錦鯉の産地であるため、錦鯉風のデザインとなっている。

—————————————
所在地:新潟県小千谷市
所属路線
上越線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください