大石田駅

山形新幹線の駅、大石田の改札画像です。

駅名標。当駅は銀山温泉への最寄駅であり、新庄発着の山形新幹線「つばさ」が全列車停車する。
駅舎。1999年の山形新幹線新庄延伸に伴い建設された地平駅舎である。
駅舎の屋根は階段となっており、一番上まで登ることができる。
駅舎屋根から駅西口側を望む。
駅舎屋根から東口側を望む。
改札口。新幹線乗車時専用のIC専用簡易改札機が設置されている。当駅は山形新幹線の停車駅としては乗車人員が最も少ない駅である。
切符売り場。みどりの窓口があるほか、指定席券売機も設置されている。
駅舎内の待合スペース。駅舎内には売店や喫茶店・そば屋も入居する。
売店・待合室内部
当駅駅舎内にあるそば屋。大石田周辺はソバの産地として知られる。このそば屋は地元でも美味しいと評判とのことである。
そば屋前には階段があり、これを登ると駅舎の屋根から突き出た展望スペースにたどり着く。
ホームは2面2線。かつては中線があったと思われるが現在は撤去されている。
当駅に停車する山形新幹線つばさ号東京行き。つばさ号は半分程度が山形駅始発・終着であり、新庄始発・終着の列車は概ね2時間おきの運転となる。
当駅のホームには最上川舟運をモチーフとしたイラストが描かれる。最上川の舟運は酒田・日本海を経由し山形盆地と京・大坂を結び、大石田は舟運の発着地として栄えたと言われている。
夏季はホームに涼しげな風鈴が吊るされる。

—————————————
所在地:山形県北村山郡大石田町
乗入路線
山形新幹線
奥羽本線(山形線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください